2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会では一年のブランクを感じさせないファイトで、郷州征宜を判定3-0で下した小宮山工介。顔の傷が激戦を物語る中、一夜明け会見では昨年の「K'FESTA.1」を振り返りつつ、「郷州選手と試合できたことは本当にありがたい。格闘技の神様に手を差し伸べていただいたような気持ちになった」と語った。そして今後については「次に行なわれる両国大会も視野に入れていきたい」と、定期参戦を目標に掲げた。

「昨日は一年ぶりの試合ということで。輝かしいリングの上に上がることができて、またリングの空気を吸えて、凄く自分の中でいろいろ思い出したところがあります。(試合内容については?)『K'FESTA』だったので、やっぱりKOしたかったですね。

(試合後のコメントでは「選手として活躍していきたい気持ちが強くなった」ということだが、今年は定期的に試合を?)そうですね。昨年の『K'FESTA.1』はトーナメントだったので。一日一試合しても、見ての通りダメージを負ってしまうので。やっぱり3試合というのは心身ともに、けっこう限界のところもあったので。そういった意味で(この一年は)ゆっくり休息にもなったかな、と。

 また『K'FESTA.1』のときは一日3回、花道を歩かせていただいて。日本でも凄い大きい大会だと思うので。その中で3試合させていただいて、最後にKO負けして、僕の中でやりきった感があって。そういった意味ではちょっと燃え尽きたところがあったんですけど。そんな中『K'FESTA.2』のオファーをいただいて、対戦相手が郷州選手ということで。自分の中でタイムリープするような。

 もともと(郷州選手とは)試合をする予定だったのが、急遽変更でトーナメントになって。まあ、そのときの『K'FESTA.1』で試合を行なう前の気持ちになったというか。なので、今回郷州選手と試合させてもらったことは本当にありがたいというか、格闘技の神様に手を差し伸べていただいたような気持ちになりました。

(今年の目標は?)昨年は定期的に試合できなかったので。もう少し休息を取りながら、次に行なわれる両国大会も視野に入れて、出場させていただけるなら。ぜひ目指していきたいなと思います」