2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会では慎重な戦いを見せ、ベテランの大沢文也を延長判定3-0で退けた篠原悠人。一夜明け会見では「大沢選手も凄いテクニックがあり、探り合って終わっちゃったという感じだった」と試合を振り返った。また、今後については「次に用意された相手をしっかり倒して、タイトルマッチにつなげたい。(8月の)大阪は地元なので、出たいなという気持ちはある」と目標を語った。

「昨日は難しい試合でしたね。大沢選手も凄いテクニックがあって。駆け引きで、お互い探り合って試合が終わっちゃったかなという感じだったので。ちょっとプロとしては反省するところが多かったかなと思うんですけど。プロで初めて延長いったんで、そこは経験になったかなと思うので。課題がけっこう見えたので、そこを意識して強くなりたいなと思ってます。

(初めて「K'FESTA」で試合をした感想は?)あの長い花道は初めてだったので。まず、さいたまスーパーアリーナが初めてで、子供の頃からずっと観ていたK-1の舞台だったんで。凄い入場も長くて楽しめたです。(昨日のライト級のタイトルマッチは観た?)僕的には卜部選手がかわして勝つのかなと思ったんですけど、林選手が勝って。凄いいい試合でしたね。僕、林選手にKOで負けているので、そこはしっかりリベンジもこめて、タイトルマッチでベルトを取りたいなっていう気持ちはあります。

(昨日の試合を見ると、もうワンマッチを挟んでというかたちになると思うが、次に戦いたい相手は?)あんまりわからないですけど、次に用意された相手の人をしっかり倒して、タイトルマッチにつなげたいと思います。(8月に大阪大会があるが、そこで林選手と戦いたい?)昨日の試合内容的に、あんまりデカい口は叩けないですけど。大阪は地元なので、次しっかりK-1に出たいなという気持ちはあります」