2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会ではリュウ・ウェイとの実力伯仲の外国人対決を、判定3-0で制したゴンナパー・ウィラサクレック。一夜明け会見では「いつもの自分のスタイルで、対策どおりに戦った」と試合を振り返った。また、かねてより卜部功也とのライト級タイトルマッチを希望していたが、林健太にベルトが移動したのを踏まえて「新しいチャンピオンと戦ってみたいという気持ちもある」と、王座取りに向け展望を明かした。

「昨日は勝てて、とてもうれしい。昨日はいつもの自分のスタイルで、対策どおりに戦うことができた。(「K'FESTA」で試合をした感想は?)やはり会場がいつもより大きかったので、少し興奮した。また、ああいう場面で勝ててよかったといい経験になったと思う。

(昨日のライト級のタイトルマッチは観た?)機会があればライト級でタイトルマッチをやりたい。(以前は卜部功也選手とタイトルマッチをやりたいと発言していたが、いまはベルトのほうが優先的には高い?)コウヤと戦いたいという気持ちはあるが、新しいチャンピオンと戦ってみたい気持ちもある」