2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会では瑠久を寄せ付けず、KO勝ち(2R2分23秒)を収めた近藤魁成。以前も勝利を収めている相手を返り討ちにした格好だが、一夜明け会見では「絶対に強くなってると思ったので、そのぶんしっかり練習も積んだ」と試合を振り返った。また、試合後に「一年でK-1チャンピオンになりたい」と語っていたが、あらためて「強い選手とやって勝ち続けて。来年の3月あたりにチャンピオンになれれば」と目標を掲げた。

「1Rは様子見で、2Rは倒すっていう作戦ではないですけど、とりあえず倒せてよかったです。(瑠久選手のリベンジマッチを受けるというかたちだったが?)絶対に強くなってると思ったので、そのぶんしっかり練習も積みました。(初めての本戦出場、「K'FESTA」で試合をした感想は?)花道も、お客さんの数も多くて。選手としてめちゃ憧れていたので、出場できてうれしかったです。

(昨日は一年でK-1のチャンピオンになりたいという発言もありましたが、これから戦っていきたい相手は?)とりあえず僕より強い人と戦って。負けてもいいので挑戦したいですね。(今年の目標は?)今年はとりあえず強い選手とやって、負けたくないのでずっと勝ち続けて。来年の3月あたりにチャンピオンになれればいいかなと思っています」