2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の一夜明け会見が行われた。

「昨日の大会で覇家斗を延長判定3-0で下し、復活の第一歩となる勝利を上げた小澤海斗。一夜明け会見では「覇家斗選手はめちゃめちゃタフで、あっちも負けられないという覚悟が伝わってきた」と試合を振り返った。そして同じシルバーウルフで練習をする村越がフェザー級の王者になったことについては「練習から試合のようなピリピリ感があっていいかなって。逆に成長できると思う」と語り、さらに自身も変わらずフェザーのベルトを目指すことを宣言した。

「昨日は何がなんでも勝ちたかったので。素直にうれピーですね。(勝因は?)周りのサポートのおかげだと思っているので。ここからもっと自分次第で変われると思うので。早くベルトを巻けるようになります。(試合の感想は?)覇家斗選手はめちゃめちゃタフで。あっちも負けられないという覚悟が相当伝わってきましたね。凄いタフでした(初めて「K'FESTA」で試合をした感想は?)やっぱり入場からめちゃめちゃ気持ちよかったですね。

(現在のフェザー級チャンピオンは同じシルバーウルフで練習している村越選手になるが?)多少気まずいんですけど、そこはしょうがないというか、割り切って。練習から試合のようなピリピリ感があっていいかなって。逆に成長できると思います。(目標は変わらずフェザー級のベルト?)それはそうですね。この階級でやっている以上、ベルトを取らないと何も始まらないので。ありがとうございました」