2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の一夜明け会見が行われた。

 スーパー・ウェルター級で活躍している和島大海を豪快な連打で沈め、“お祭り男”の本領を発揮した木村"フィリップ"ミノル。一夜明け会見では「テクニカルな感じで倒そうと思ってたけど、まあパンチが効いてからいつも通り強引に(笑)。でも自分自身、ピケオー戦とは全く違った成長を見ることが出来た」と昨夜のKO劇を振り返る。

 2度目の出場となった「K'FESTA」の演出については「昨日のK-1は入場ゲートから作りから、正直完璧」と大絶賛。今後については「これだけ役者が揃ってる階級も中々ないと思うし、トーナメントをやって一番を決めたいなって常々思ってます」とウェルター級トーナメントの開催を熱望した。

「(前日会見と同様にポルトガル語で挨拶し)昨日は本当にありがとうございました。まず生き残ることが出来て嬉しいですね。スーパー・ウェルター級のトップの選手、強い選手に勝てて締められたことが嬉しいです。(改めてK'FESTAのリングに立った時の雰囲気は?)ちょっと上から目線で言っていいですか(笑)? 昨日のK-1は完璧! 入場ゲートから作りから、正直完璧。申し分なかった。ただね、ちょっと(K'FESTAのリングに)上がるレベルに達してない選手が多かったなぁ。さいたまスーパーアリーナっていう、僕らが子供の頃から見てきた舞台に立つにはまだ選手のレベルどうこうじゃなくて器的なものが……とは思いましたね。

(試合前の発言どおり、往年のK-1ファンも沸かせるような試合が出来た?)そうですね。もしかしたら往年のK-1ファンからはまだまだインパクトが足りないって言われるかもしれないですけど、絶対KOはしてやろうと思って、それは狙っていきましたね。(昨日の戦いではパワーよりスピードを意識して戦った?)そうですね。昨日はテーマとしては強引に倒すわけじゃなくて、テクニカルな感じで倒そうと思ったんですけど、まあパンチが効いてからいつも通り強引にいって(笑)。でも自分自身、ピケオー戦とは全く違った成長を見ることができました。

(ウェルター級のトーナメントを開催してほしい?)これだけ役者が揃ってる階級も中々ないと思うし、昨日は久保選手のタイトルマッチがありながら僕の試合もあって、野杁(正明)選手とピケオーのテーマのある試合もあったわけで、トーナメントをやって一番を決めたいなって常々思ってます」