2019.03.09

 3月9日(土)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 今大会の目玉の一つとして実施されるのが「日本vs世界・7vs7」。出場する国内外の強豪14選手=武居由樹、サンドロ・マーティン、野杁正明、ジョーダン・ピケオー、芦澤竜誠、ホルヘ・バレラ、KANA、ヨセフィン・ノットソン、和島大海、木村“フィリップ”ミノル、皇治、ヤン・サイコ、武尊、ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーがずらりと並び、明日への決戦の意気込みを語った。

サンドロ・マーティン
「日本に来れて、K-1の試合に出ることを幸せに思う(対戦相手より自分が優れていると思うのは?)武居選手は確かに素晴らしい選手だが、この試合に賭ける意気込みは自分が勝っている」

武居由樹
「明日は対戦相手は変わっちゃったんですけど、先鋒らしく、若者らしく、楽しんでいきたいと思います。応援よろしくお願いします。(対戦相手より自分が優れていると思うのは?)サンドロ選手、いい選手だと思うんですけど、この中でも一番、自分がスピードあるので、ぜひスピードを見てください」

ジョーダン・ピケオー
「今の気分は凄くいいよ。今回は2カ月かけてトレーニングを積んできたから、気持ちも落ち着いた状態で、これから水分を補給して力を集中させたいと思う。(対戦相手より自分が優れていると思うのは?)明日の試合を見てもらえれば分かるよ」

野杁正明
「過去最高に体調がいいし、ピケオーも調子が良さそうなので、明日の試合がより一層楽しみになりました。(対戦相手より自分が優れていると思うのは?)パワーはピケオーの方があるかなと思うんですけど、技術は確実に僕が上なのでテクニックで翻弄してやろうと思います。(ピケオーが公開練習で『契約書にサインした時点で野杁の負け』など強気な発言を連発していたが?)まあ、いいんじゃないですか? 僕は僕なりの戦い方で明日やるだけです」

ホルヘ・バレラ
「また日本に来ることが出来て幸せに思う。明日はみなさんが楽しめるような試合をする。(対戦相手より自分が優れていると思うのは?)とにかく負ける気はしない。(腕に「K-1」ロゴのとタトゥーをは入れたそうだが?)去年、K-1に初めて参戦して、これから日本のK-1で頑張っていくという一つの想いでタトゥーを入れた」

芦澤竜誠
「計量、遅刻しちゃってすみませんでした。リアルに寝坊しちゃって。13時5分にK-1の関係者から連絡来て、起きてダッシュで来ました。まぁ俺らしいんじゃないですか(笑)。とりあえず試合は1Rで終わらせるんで、期待しててください。てか、俺のカードだけ見とけば間違いないと思います。(対戦相手より自分が優れていると思うのは?)(相手と)一緒で~す」

ヨセフィン・ノットソン
「前回の試合以降、リマッチが決まって万全に準備してきたので、とても順調に仕上がっている。今回もこうしてKANA選手に会えたことをうれしく思うし、試合に向けて集中しています。(対戦相手より自分が優れていると思うのは?)スピードでは自分が優っていると思うし、蹴りもKANA選手より巧くなっていると思う。最後にKANA選手に伝えておきたい。『今回の再戦で私を倒せる』と言っていることを後悔させる」

KANA
「調整も減量も順調にいって。ここから慎重にリカバリーしていきたいと思います。明日はしっかり差をつけて勝てるように、集中したいと思います。(対戦相手より自分が優れていると思うのは?)パンチでも蹴りでも気持ちでも勝てると思います。今回はダイレクトリマッチの再戦ですが(ヨセフィンを)二連敗させます」