2019.03.09

 3月9日(土)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 スーパーファイト会見の第2部には、スーパー・バンタム級=金子晃大vs玖村修平、スーパー・フェザー級=小宮山工介vs郷州征宜、スーパー・ライト級=左右田泰臣vs松花征也、そしてスーパー・ライト級=佐々木大蔵vs安保瑠輝也の8選手が登壇。

 決戦を前に各選手が意気込みを語る中、安保は「(佐々木が)試合を楽しむって言ってましたけど、俺と対峙して楽しめるなと思うなよ」と挑発。またAbemaTVの特番で魔裟斗から「若手で一番期待している選手」と評されたことにも触れて「自分がチャンピオンになって、K-1スーパー・ライト級を引っ張っていかないといけない」と語る。一方の佐々木は「安保選手は楽しませてくれるんじゃないかと思っている。明日楽しめたら、ベルトも自ずと巡ってくると思う」とそれぞれ対照的な言葉を残した。

 またスーパー・バンタム級で対戦する金子晃大と玖村修平は“金子のパンチvs玖村の蹴り”という周囲の予想に対して「蹴りでも倒せる」(金子)「パンチでも倒せる自信がある」(玖村)と火花を散らした。各選手のコメントは以下の通り。

玖村修平
「明日は大きな舞台で試合ができることに感謝して、しっかり仕上げてきました。僕は12月の大阪大会でバッティングでノーコンテストという形で終わってしまったので、その思いも含めて明日は暴れようと思っています、応援よろしくお願いします。(対戦相手の印象は?)身体や顔色を見て調子はよさそうだと思いました。でも、明日リングに上がらないとわからないので、楽しみたいなと思います。(公開練習のときに金子選手はなんでも当たると発言し、玖村選手は闘牛士のように戦うと言っていたが、どんな試合を見せたい?)僕も蹴りvsパンチって言われてますけど、パンチでも倒せる自信があるので。まあ、どう戦うかはリングに上がってからのお楽しみということでよろしくお願いします」

金子晃大
「明日は初めてのK-1なのでKOでデビューしたいと思います。応援よろしくお願いします。(対戦相手の印象は?)けっこう、周りに蹴りvsパンチって言われるんですけど、全然蹴りでも倒せる自信があるので。明日は蹴りでも倒せるところを見せたいと思います(公開練習のときに金子選手はなんでも当たると発言し、玖村選手は闘牛士のように戦うと言っていたが、どんな試合を見せたい?)普通になんでも当たると思うので、そういう感じの試合をしたいと思います」

郷州征宜
「プロデビューして初めて負けた相手が小宮山選手なので、明日は大きい舞台で必ずリベンジさせていただきます。(対戦相手の印象は?)小宮山選手は一年ぶりの試合とは思えないほどオーラがありますね。でも、勝つのは自分だと思っているので応援をよろしくお願いします。(お互いファイトスタイルが対称的だが、どんな試合を予測する?)小宮山選手は巧いというか、相手を思いどおりに戦わせてくれないと思いますが、自分の思いどおり戦えるように梶原代表と対策してきました。明日は初めてプロになって負けた相手とのリベンジ戦なので、必ず勝ちます」

小宮山工介
「明日は一年ぶりにリングに戻ることが出来て、また『K'FESTA』のリングに上がることを本当にうれしく思います。明日は応援よろしくお願いします。(対戦相手の印象は)第一印象は大きさを感じます。(お互いファイトスタイルが対称的だが、どんな試合を予測する?)対策練ってきてると思うんですけど、どういった試合を?(と郷州に尋ねると、郷州が「そうですね」と語りはじめ、司会者が「言っちゃうんですか?」とツッコむ。すると郷州は「やっぱり、ここでは言えないので」とコメント)そうですか(苦笑)。まあ、僕も対策してきているので、明日はそれが噛み合えばいい試合になるかなと思います」

松花征也
「明日は2年ぶりの試合なんですけど、一生懸命1Rからガンガン攻めていって盛り上げます。しっかりがんばるので応援よろしくお願いします。(対戦相手の印象は?)とにかく明日、楽しみにしています。(左右田選手は松葉杖をついているが?)試合になったら関係なしにガンガンくると思うので、自分もガンガン攻めていこうと思います」

左右田泰臣
「今年に入って小澤海斗、平山迅と、またシルバーウルフに二人仲間が増えて、チームとしても大きくなってきているので、それに負けないようにがんばりたいと思います。(対戦相手の印象は?)ウワッ、来たって思いました。(※過去に松花は左右田との試合を欠場している)(今日は代理人Xを連れてきてない?)公開練習に来ていた青いマスクを被ってた代理人ですか? いなくなっちゃったんですよね……。(ということは左右田選手が戦われる?)一応、赤いマスクをもう一つ持っていたので、もう一人用意しておこうかと思います」

安保瑠輝也
「公開練習からいろんな記事で、相手に対して言いたいことはもう言ってきました。明日は試合で見せるだけかなと思ってます。一つだけ言わせてもらいたいのが、佐々木選手は試合を楽しむって言ってましたけど、俺と対峙して楽しめるなと思うなよって、それだけです。(対戦相手の印象は?)今日、あんまり見てなかったんですけど(と、佐々木の顔を見てから)、そうっすねえ、やっぱ地味やなと思いますね。明日はふつうにぶっ飛ばしてやろうって思います。(どんな勝ち方をして、タイトル戦につなげたい?)佐々木選手はトーナメントで準優勝していて、実力を認めてないわけじゃないので。ただ、全然おもしろくない試合をするなっていうだけで。僕は魔裟斗さんにも『若手で一番期待している選手』と言ってもらえて、ここで僕が勝って、自分がチャンピオンになって、K-1スーパー・ライト級を引っ張っていかないといけないと思っているので、それを実現します」

佐々木大蔵
「まず、明日の試合なんですけど、こうして前日からたくさんの人が来ていることに感謝したいのと、計量が終わってこのあと何食べようかなって、そんなことを考えてます。(対戦相手の印象は?)やっぱり派手だなあと思います(笑)。(どんな勝ち方をして、タイトル戦につなげたい?)安保選手はアメとムチのような、そういうメッセージを残してくれるんですけど…。『明日は楽しめると思うなよ』と言われたんですけど、僕自身、安保選手は楽しませてくれるんじゃないかと思っているので、明日は凄く楽しみですね。タイトルはその先の話なので、まずは明日。明日楽しめたら、そういうことも自ずと巡ってくるかなと思うので、あまりタイトルを意識している気持ちはないですね」