2019.03.05

 3月5日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、4月19日(金)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.100」の第2弾決定対戦カードが発表された。

 フェザー級で伊澤波人とTETSUの一戦が決定した。伊澤はフェザー級転向後は4連勝と負けなしで、前回1月のKrush一夜明け会見ではフェザー級のタイトルマッチを熱望していた。一方のTETSUは2月のKrushで本戦初出場ながらキャリアで大きく上回る佐野天馬に勝利。今回は同じKREST勢で、さらにキャリアが豊富な伊澤との対戦となり、勝利すれば一気にタイトル戦線に駆け上がれるビッグチャンスが巡ってきた。

 会見ではTETSUが伊澤の代名詞とも言えるローキックに対して「絶対僕には効かない」と豪語。これを聞いた伊澤は「今回でプロ43戦目なんですけど、42戦のうち40戦は相手が全員ローが効いてる。ローが効かない人なんていないと思うんで、流石に効いてくれると思います」と語る。

 また伊澤は「次こそは、次こそ勝てばタイトルマッチだと思っているんで、これで勝って組んでくれなかったら怒ります(笑)」と改めて王座挑戦をアピールした。

TETSU
「K-1 KRUSH FIGHTになって1回目の大会に出られて、とても光栄に思っています。しかも相手もとても有名で強いんでめちゃめちゃ気合い入ってます。伊澤選手は絶対次はタイトルマッチだよなと思ってたんですけど、今回僕が勝って、そのこぼれをもらおうかなと思ってます。

(伊澤選手の試合の印象は?)伊澤選手は試合が決まる前からずっと見てきた選手なんで、印象はローキックとかバレリーキック(足へのカカト落とし)とか空手の蹴り技が多彩な選手やなと思ってます。(ローキックを防ぐ自信は?)正直バレリーキックは絶対僕には効かないと思ってます。いつも練習中や練習終わりにもローを蹴ってもらうんですけど、僕はローがあんまり効かないんです。

(2戦連続でキャリアが上の相手と対戦することになったが?)僕はまだアマチュアでも一個もベルトを獲ったことがなくて、僕が教えてるジュニアたちや弟がベルトを獲っていく中で僕はまだベルトが一個もありません。だからプロのK-1 KRUSH FIHGTのおっきいベルトを獲って、皆に示しをつけたいなと思ってます。

(ファンの皆さんへメッセージは?)いつも応援ありがとうございます。今回は平日の金曜日の開催になってしまいますけど、やっぱり会場に見に来て欲しいので、来てくれることを祈ってます。試合は人生で一番強い僕を見せるんで、頑張ります」

伊澤波人
「1月に試合に勝って、今回の試合が決まって、いつも通り(渡辺)雅和代表が言ってきた相手とやるのが僕の仕事です。TETSU選手は僕の後輩の佐野天馬に勝って初めて名前を知ったんですけど、天馬は相当強いんで、それに勝ったのは相当強いのなかって思ってます。(TETSUの『僕にローは効かない』という発言を聞いて)今回でプロ43戦目なんですけど、多分42戦のうち40戦は相手が全員ローが効いてるんで。ローが効かない人なんていないと思うんで、流石に効いてくれることを祈ってます(笑)。

(試合で見せたい空手技はある?)最近はローキックと言われてる割りにはローキックでダウン取ってないんで(苦笑)、ローキックで下を向いてもらって、頭を蹴ったり腹を蹴ったりしようと思ってます。(前回の一夜明け会見で『次はタイトルに挑戦したい』と発言していたが?)タイトルマッチに挑戦したい気持ちは全く変わってないんですけど、次こそは、次こそ勝てばタイトルマッチかなって思ってるんで。これで勝って組んでくれなかったら怒ります(苦笑)。

(ファンに向けてメッセージは?)4月19日、いつも通り練習してしっかり勝つんで。本当に年内に絶対ベルト獲るんで、それを見ててください」