2019.03.06

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[日本vs世界・7対7/-59kg契約/3分3R・延長1R]でK-1スーパー・フェザー級王者・武尊と対戦するラジャダムナンスタジアム・フェザー級王者ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー。

“K-1vsムエタイの頂上決戦”へ向けて大会9日前に来日し、ウィラサクレックジムで練習を続けている。今回は特別インタビューとしてヨーキッサダーと練習を共にするゴンナパー・ウィラサクレックにヨーキッサダーについて聞いた。

「ヨーキッサダーが来日してから毎日一緒に練習して、K-1ルールでどう戦えばいいかをアドバイスしている。ヨーキッサダーはとても身体が強くて、パンチ、蹴り、ヒザ蹴り…一発一発の攻撃がとても重い。彼はフェザー級のチャンピオンだけど身体の頑丈さと一発の重さは上の階級でも通用するだろうね。

 ヨーキッサダーにとって初めてのK-1ルールになるけど、ムエタイでチャンピオンになる選手は基本的に“何でも出来る”し、その中でムエタイルールに合わせて試合をしているんだ。今回はK-1ルールで試合が決まってから3カ月ほど準備期間もあったし、他の選手よりも早く来日してウィラサクレック会長のものでK-1ルール用の練習もしている。ヨーキッサダーがK-1ルールで戦うことには何も問題がないと思う。

(どんな試合になると予想している?)ヨーキッサダーも強いし、もちろん武尊も強い。お互いにとって簡単な試合にはならないだろう。ただし本人、そしてウィラサクレック会長が言っているように、我々は武尊の弱点を発見している。武尊にどんな技が当たるかも分かるし、ずっとその技を当てるための練習を続けているよ。

 実は卜部功也と戦ってハイキックでダウンを奪って勝った時、ウィラサクレック会長から『功也にはハイキックが当たるから、ハイキックを狙え』と言われて、ずっとハイキックを練習していたんだ。今回も会長はヨーキッサダーに『この技が当たる』と秘策を授けていて、毎日そのための練習を続けている。その秘策がハマれば間違いなくヨーキッサダーは武尊をKOすると思う。

 ヨーキッサダーはムエタイの現役王者(ラジャダムナンスタジアム王者)で、我々も同じムエタイ戦士としてヨーキッサダーのことを誇りに思っている。ヨーキッサダ―だったらムエタイのベルトを持ったまま、K-1のベルトを狙えると思う。

 今回の試合は武尊も言っているように、K-1とムエタイの頂上決戦だ。ヨーキッサダ―が武尊に勝ってムエタイ最強を証明すると思うし、私たちウィラサクレック軍団がK-1でムエタイの強さを見せつけたいと思う」