2019.03.04

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ「K'FESTA.2」の[プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R]で対戦する友尊と川口拓真のコメントを公開!

友尊
「昔から夢見ていたK-1の舞台。遂に来たかと。話もらった時、正直嬉しくて涙が出ました(笑)。プレリミナリーファイトとか関係ない。何が何でも倒して勝ちます。ここで満足して終わらないし、ここからが本当のスタートです。もしK-1のトーナメントがあれば出場してチャンピオンベルトを巻きます。

(格闘技を始めたきっかけは)小4から卒業するまで剣道に打ち込み、高校1年から地元の空手道場で空手を習いました。そこで総合格闘技も経験した後に、高校3年からキックボクシングのジムに入って、大学4年の夏に他団体で日本チャンピオンになりました。その翌年にボクシングに転向し、2014年の東日本新人王で準優勝、翌年B級トーナメント優勝。その後A級ボクサーとなり、再びキックボクサーとして復帰し、Krushに参戦するようになりました。

 対戦相手の川口選手は技術云々というよりも気持ちが強く、最後まで諦めず頑張る選手という印象です。でも試合じゃ何もさせずに、圧倒的に勝ちます。結局は格闘技にどれだけ人生かけたか?が試合や結果に出ると思うので、自分の全てをかけて突き進みます。俺のスピードとパワーは要注目です。(ファンの皆さんへ)今年の俺はマジで強いんで、絶対に目を離さないで下さい。俺の試合を見とけば、これからのK-1がより面白くなるので絶対に見逃さないで下さい。応援よろしくお願いします」

川口拓真
「今回は半年振りの復帰戦になります。もう一度出直したいという気持ちがあって、プレリミナリーでの試合が決まった時は、またここから上がってこうと思いました。(格闘技を始めたきっかけは)先輩で総合格闘技やキックボクシングをやっている人が多くて、俺もやってみたいなと高校3年の頃に始めました。

 対戦相手の友尊選手は自分とは噛み合う選手だなと以前から思ってました。この半年試合してない間、かなり色々と考えて練習してきました。進化した今までの自分とは違う試合を見せます。(ファンの皆さんへ)友尊選手との試合だったら必ず面白い・良い試合になると思うので、是非見ていただきたいです。必ず勝ちますので、応援よろしくお願いします」