2019.03.02

 3月2日(土)横浜・K-1 GYM横浜infinityにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]で近藤魁成と対戦する瑠久が公開練習を行った。

 昨年に引き続き2年連続での「K'FESTA」出場となった瑠久。公開練習ではパンチ、キック共にバランスよく織り交ぜたミット打ちを披露し「仕上がりは過去最高って言っていいほどで、追い込みも今日が最後だったんで疲労が最高級ですね(笑)。前回より練習量も格段に多いし、質の良い練習もできて、過去最高の自分が見せられると思ってます」と自信たっぷりに語る。

 当初このカードはプレリミナリーファイトとして行われる予定だったが、カード変更に伴ってスーパーファイトに昇格した。この話を最初に聞いた時は「夢なんじゃないかな?冗談じゃないのかな?と思っちゃいましたね」という瑠久は「さいたまスーパーアリーナのメインアリーナの花道を歩くのが夢だったんで、その時は本当に喜んで、ちょっと飛び跳ねました(笑)」。

 対戦相手の近藤には2年前のK-1甲子園決勝でハイキックでのKO負けを味わっている。瑠久は雪辱を果たすべく「俺、あんまり相手の研究とかしないんですけど、今回はしっかり研究して、あの時の自分に何が足りなかったんだろうとか、前回の試合で足りなかった課題を全部克服しました」と万全の準備を続け、「近藤選手にはずっとリベンジしたかったし、K-1で一番最高の舞台でリベンジ戦が出来るんで、そこで思いっきりぶっ倒してやります」とリベンジに燃える。

 近藤はプロデビューこそ果たしているものの、昨年はK-1甲子園二連覇を目標としてアマチュアで試合を行ってきた。対照的に瑠久はプロでの経験を積み重ね「この一年で自分の方が成長しているという実感はありますね。自分もアマチュアもやってたんで分かるんですけど、アマチュアとプロって全然違うんで。自分の方がプロの試合で成長出来ているし、自信がある」と厳しいプロの世界で揉まれることで近藤より成長できたと語る。

 近藤は公開練習で瑠久のことを「どこが強いんかな?」と思うと発言していたが、それに対しては「まあやってみないと分からないんで。俺も相手の成長は感じないし、全く変わってないなってイメージなんで。まぁ、試合で覚えとけよ!って感じですね。KOでやられたんでお返しはKOで。必ずKOします」と試合で分からせるつもりだ。

「この試合に勝てば注目度も一気に上がると思う。自分は横浜出身で横浜アリーナで成人式があるんですけど、自分はチャンピオンベルトを持って横浜アリーナの舞台に立ちたい。この試合に勝って、次はKrushのベルトを獲りに行く感じになると思うんで、絶対にKrushでチャンピオンになりたい」と近藤を倒して、木村“フィリップ”ミノルの持つKrushウェルター級のベルトを狙うと宣言。

 ウェルター級はK-1・Krushを含めて層の厚い階級になりつつあるが「K-1の前に絶対にKrush。Krushのベルトをちゃんと獲らないとK-1じゃ絶対に通用しないんで、ちゃんとKrushのベルトを獲りたい。そのためにも今回は必ずKO勝ちしたいっすね」と改めてKrushでのベルト奪取を目標に掲げた。

 最後に「3月10日は必ずKO勝ちするんで、応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った瑠久。宣言通りのKOで近藤に2年前のリベンジを果たすことができるか?