2019.02.28

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で小澤海斗と対戦する覇家斗のインタビューを公開!

──小澤選手とは以前から対戦したかったということですが、意識しだしたのはいつ頃ですか?

「自分がフェザーに転向してからですね。自分的には『普段はあんなキャラじゃないんじゃないかな?』と思ったり、もっと正々堂々と正面から戦えるファイターだと思っていて、それで『殴り合ってみたい』と思っていました。小澤選手が打ち合いに来てくれれば、絶対に面白い試合になると思います」

――覇家斗選手・小澤選手ともに連敗中での試合で、再起戦でもあるし、生き残りをかけた試合でもあります。

「ここが本当にお互いにとっての正念場だと思うし、僕にとってもそこは“かけている”ところでもあります。気持ちの戦いになると思うし、そこは絶対に譲らない。熱い試合になるんじゃないのかなと思ってます」

――「K'FESTA」というビッグマッチで試合することについてはいかがでしょうか?

「去年『K'FESTA.1』のプレリミナリーファイトで闘士さんと戦ったんですけど、花道がすごくデカくて『この花道を絶対に歩きたい』と思って、1年越しにその夢を掴むことができました。今は連敗中なんですけど、この1年でしっかり前に進んでると思って、そこは前向きにとらえています。あの会場でやれるなんて最高の気分ですね」

──覇家斗選手の戦い方はファンにも認知されてきた一方で、勝ち負けを繰り返す状況が続いています。

「見てくれている人たちは『いい試合だった』と言ってくれたりするんですけど、そこで勝ち続けて、絶対的な強さを見せていかないと、結局『いい試合をするファイター』のままで終わってしまう。それは絶対にイヤなので、今までの前に出て戦うスタイルに加えて、勝ちに徹することも意識しています。そこが上手くアジャストすれば、自分の本当の姿が見られると思うので、それは自分でも楽しみです」

――日本vs世界・7対7やタイトルマッチがある中で目立ってやろうという気持ちはありますか?

「今回の『K' FESTA.2』で一番熱い試合をして、自分のインパクトや人気、知名度も上げたいので、その相手として小澤選手はすごくオイシイ相手です。しっかり倒して、小澤選手も追い込まれていると思うので、僕が引退に追い込んで楽にしてあげたいと思います。自分が絶対に生き残ります」