2019.02.24

 2月23日(日)栃木・K-1ジム・ウルフにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で小澤海斗と対戦する覇家斗が公開練習を行った。

 今大会では本戦の第1試合・トップバッターを務めることも決まり「燃えますね。そこが基準になると思うんで、ブチ上げていこうと思います」と意気上がる覇家斗。公開練習では2分1Rのシャドーボクシングとサンドバッグ打ちを行い「色々ある中でもよく追い込めていて、残りの2週間でしっかり仕上げて臨むだけ。良い感じですね」と仕上がりも順調。「今回は『K'FESTA』の本戦初出場ですし、対戦相手も知名度が高い。ましてや第1試合なのでやるしかないって感じです」とモチベーションも最高潮だ。

 フェザー級転向初戦となった前回の江川優生戦では延長判定の末に惜しくも敗れたが「あの時はリカバリーがまだ微妙なところがあったんで、その辺が改善できれば、更に良い動きになると思った。フェザー級は自分に適している階級だと思います」と転向2戦目に向けての手応えは十分だ。

 覇家斗はフェザー級転向当初から小澤との対戦を望み、それが「K'FESTA.2」で実現することとなった。覇家斗が記者会見で「お互い正念場の中、自分が小澤選手を倒して引退に追い込んでやろうと思ってます。ちょっと前までは強さも高い評価を得てたと思うけど、今では普通の選手だと思いますし、人気・知名度と実力が比例していない」と発言したのに対し、小澤は「素晴らしい!」と拍手をしながら受け流した。

 これについて覇家斗は「キャラなのか分かんないですけど、けっこういなされてなめられてる感じがあった。自分は会見ではなめてるわけじゃなくて、正論で普通のこと言っただけ。その辺に対してスカして答えてくなかったのは、残念というか寂しかったですね。まあでも彼も追い込まれていて、自分も追い込まれてる同じ立場なんで、小澤選手を潰して絶対に自分が先に行きます」と宣言。

 小澤は今年に入りK-1ジム恵比寿の方針変更に伴い、K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフに移籍したが「そこは特に何にも感じてないです。名門ジムに行ったからとか関係なく目の前の相手を倒すだけ」と気にする様子はなく「小澤選手は絶対強くなって帰ってくると思っている。でもその小澤選手に勝たないと意味がないと思うし、強くなった小澤選手と戦ったうえで彼を正念場に追い込みたい」と“強い小澤”に勝ちたいと強調する。

 続けて「この一戦は遊びじゃないし、人生を賭けた大一番。ここは落とせないし、勝たないと自分には先がない。これに勝ったら言いたいこともあるんですけど、勝たないとその権限もない。勝ったらしっかりアピールしたいことがあるんで、しっかり勝ちます。じぶんは熱い試合をすることがモットーでしたが、今回の試合は勝ちに徹します。でも自ずとそれで良い試合になると思ってるんで、自分は全力で戦うだけです」とこの試合に向けて不退転の覚悟で臨むと語った。

 最後に「3月10日、勝つのは自分なんで期待していてください。よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った覇家斗。小澤との生き残りをかけたサバイバルマッチに勝利することが出来るか?