2019.02.24

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で郷州征宜と対戦する小宮山工介のインタビューを公開!

──昨年の「K'FESTA.1」以来、約1年振りの試合が決まりました。前回の試合が終わった後はどのように過ごされていたのですか?

「前回の試合が1日3試合のトーナメントだったので、かなりダメージがあってゆっくり過ごしてました。自分はK-1ジム北斗会館で指導をやらせてもらっているので、試合の1カ月後ぐらいから指導を再開して、昨年は若手のアマチュア選手、もちろんプロの選手もそうですけど、指導に力を入れていました」

──ファイターとしてだけでなく、指導も本格的にやるようになって、小宮山選手の中で変化したことはありますか?

「やっぱり教えることによって、また自分の反復にもつながるので、それは指導をしていて凄く良いことだなと思っています」

──指導をしていく中で、ファイターとして戦いたいという欲が弱くなったりすることはなかったのですか?

「戦いたいという欲はあまりなかったですね(笑)。でも去年の12月のK-1大阪大会を見て、徐々に自分の中でボルテージが上がってきたんですよ」

──それはやはり武尊vs皇治だったり、同じ階級の試合を見たからですか?

「そうですね。やっぱりあの試合(武尊vs皇治)を見て、自分の中で戦いたいという感情が高まっていきました」

──そういった中で今回の「K'FESTA.2」のオファーを受けて、対戦相手も決まりました。試合が決まった時の心境はいかがでしたか?

「郷州選手とは当初「K'FESTA.1」で対戦予定だったのので、オファーが来た時は、やっぱり戦う運命だったんだなと思いました」

──ファイターとしての郷州選手にはどんな印象を持っていますか?

「本当に素晴らしい選手だと思ってます。耳が聞こえないというハンデを背負いながら戦って、それが分からないぐらい強いんで。しかも同じ境遇の方々の気持ちも背負って戦ってる面もあると思うんで、そういうところも含めて郷州選手の強みだと思っています」

──小宮山選手もジムで指導をしていて、小宮山選手を見て空手や格闘技をやっているお子さんたちもたくさんいると思います。小宮山選手もそういった人たちの想いを背負って戦いたいという気持ちはありますか?

「そうですね。やっぱり指導している以上、結果が全てではないと思うんですけど、頑張ってる姿を生徒の皆さんに見てもらいたい。それでまた皆さんに勇気とか感動を与えられたら良いかなと思いますね」

──これからのファイターとしての目標や、2019年の目標はどんなことを考えていますか?

「僕はK-1ファイターであり、空手家でもあるので、K-1と空手をどちらもたくさんの人に知ってもらいたいです」

──今年はもっとたくさん試合をしたいという思いはありますか?

「格闘家は体が資本なんで、戦える状況であれば試合をしていきたいなと思います」

──1年前の「K'FESTA.1」ではトーナメントの決勝で武尊選手に負けてしまい、ベルトまで手が届きませんでした。武尊選手と戦いたい、ベルトを巻きたいという気持ちはありますか?

「やっぱり武尊選手と戦いたいというのは、気持ちの中にあります。あと今年は色んなことに挑戦したい気持ちがありますね。2020年はオリンピックイヤーなので、そこに向けて空手を盛り上げていけたらいいかな、と。K-1には空手出身の選手が多いですし、K-1ファンの人たちにも空手の良さを知ってもらいたいです。K-1は立ち技最高峰の舞台なので、まずこの舞台でしっかりインパクトのある試合を魅せる。そうすることでK-1と空手を両方盛り上げるという目標を達成できるのかなと思います」

 

選手登録