2019.02.17

 2月17日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.98」の一夜明け会見が行われた。

[初代Krushクルーザー級王座決定トーナメント]は全8選手が参加し、1月・2月大会で一回戦を2試合ずつ実施。1月大会ではK-Jeeと杉本仁が揃ってKO勝利で準決勝進出を決めているが、今大会でも植村真弥とRUIがそれぞれKO勝利で一回戦を突破した。一夜明け会見は植村がスケジュールの都合で欠席となり、RUI一人での会見出席となった。

 会見でRUIは「元々練習で左足を痛めていて、1Rに左ミドルを蹴った時にバキッと自分の中で音がして、蹴り足を戻した時には全く踏ん張りが利かなくなっていました」と1Rで左足を負傷していたことを告白。「そういう状況で勝てたことが、自分の中で一番成長の糧になったと思う」と愛鷹戦を振り返る。

 準決勝でRUIは身長168㎝・フルスイングのパンチが持ち味の植村と対戦。身長193㎝・距離を取って戦うRUIとは正反対の対戦相手だが「植村選手は自分とは見た目もファイトスタイルも対照的ですが、僕のヒザ蹴りだったら効くと思います」と5月18日の後楽園大会で行われる準決勝への意気込みを語った。

RUI
「昨日は無事蹴り倒すことができてほっとしています。試合で左足を怪我して、夜はあまりの痛みで中々寝れなかったんで、今ちょっと眠いです(苦笑)。(3Rに失速したのは怪我が原因だった?)元々練習で左足を痛めていて、1Rに左ミドルを蹴った時にバキッと自分の中で音がして、蹴り足を戻した時には全く踏ん張りが利かなくなっていました。それで1Rの終わりぐらいから失速し始めたなっていう感じで、スタンスもスタイルも練習してきたところから少し変わってしまって、あんなに初っ端からヒザを飛ばしていくつもりではなかったですね。まあでも根競べじゃ絶対に負けないと思っていたし、ヒザ蹴りで最後は仕留めることができたんで、結果オーライかなと。

(苦しい状況の中でKO勝ちできたというのは大きい?)そうですね。何よりも勝てたことが、自分の中で一番成長の糧になったと思います。(準決勝の相手に決まった植村選手の試合は見た?)自分のことに集中してたので見てないですね。でも何となく試合のイメージはつきます。動画もあると思うし、見てしっかり研究をしようかなと。対策って対策は特にないと思います。どれだけ自分の特徴を活かした戦い方が出来るかで、勝敗は確実になると思うので。

(見た目も武器も対照的な両者ですが、どんな試合をして勝ちたい?)本当に対照的ですよね(笑)。逆にみんな見たかったんじゃないですか? 基本的な戦い方は、植村選手が相手でも愛鷹選手が相手でも変わらないんじゃないかなと思います。ただ身体が締まってるか締まってないかの違いというか(笑)。まあ僕のヒザ蹴りだったら効くと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)試合後のコメントでも言ったんですけど、僕はまだまだ伸びしろが一杯あるので、もっともっと準備して、5月18日はもっと強いRUIをお見せします。ぜひ5月18日は応援に来てください」

 

選手登録