2019.02.12

 2月12日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、3月30日(土)東京・後楽園ホール「Krush.99」の決定対戦カードが発表された。

 ライト級で川﨑真一朗vs瓦田脩二の一戦が決定した。8月のKrushで泰斗をKOし、12月のK-1大阪大会ではライト級世界最強決定トーナメントのリザーブファイトで東本央貴を下して上り調子の川﨑。対する瓦田は9月のK-1で東本に敗れデビュー以来の連勝がストップしたものの、12月のKrushで蓮實光をKOして再起戦を飾った。

 会見では川﨑と瓦田が相手を研究する分析派としての一面をのぞかせつつ“最後のKrush”に向けた想いを語った。

瓦田脩二
「前回の試合が終わってすぐなんですけど、“最後のKrush”に自分を呼んでいただいたことに感謝しています。最後にふさわしい最高のKrushをしますんで、ぜひ期待しててください。(対戦相手の印象は?)まだ研究はしてないですけど、バランスの良い選手かなっていうのと、自分はけっこう色が白いって言われるんですけど、自分より白いなってイメージがあります(笑)。

(川﨑選手の研究振りを聞いてどう思う?)素直に嬉しいなと思いました。自分も格闘技オタクというか、めちゃくちゃ作戦を立ててるんで。自分の試合を見てもらったら分かると思うんですけど、一戦一戦戦略も変えて、戦い方が全く違うと思う。そういうところに気付いてくれて言ってもらえるのは、素直に嬉しいなと思いました。また川﨑くんに対してもしっかりと対策を立てていくんで期待しててください。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)今回、最後のKrushということで、これからKrushと言ったら自分のこの試合だと記憶に残るような試合を見せたいと思うんで、ぜひ期待していてください」

川﨑真一朗
「12月のK-1で勝ちはしたんですけど、しっかり東本選手を倒せなくて、凄く悔しい思いをしたんで、このKrushでしっかり倒して勝ちたいと思います。(対戦相手の印象は?)僕はずっと瓦田選手のことを注目していて、いつかやりたいと思っている選手でした。ずっと動画もチェックしていて、この間の試合ももちろん生で見てました。身長が高いだけあって、ヒザやリーチのあるパンチ、蹴りが凄い上手いなと思ってます。あとは見た目は細い感じがありますけど、拳が硬いのかなって感じがします。色が白いというのは良く言われます(笑)。

(どこに惹かれて注目していた?)戦い方が凄い上手いなって注目してて、選手に合わせて何をやったら勝てるかという作戦を実行できてるというか、1Rと2Rで戦い方を変えてくるし、近間でヒザかと思いきや、いきなりハイを蹴ってきたり、乱打戦のパンチも、手突きのように見えて、けっこう硬いパンチをゴツンと当ててるんで効くんだなという印象があります。

(それだけ研究していると、瓦田選手がどういう対策を立ててくるかも分かる?)どうなんですかね? 作戦は立ててくると思いますし、僕も作戦は立てたいと思うんですけど、今のままでいったら確実に僕がやられてしまうと思います。瓦田選手は作戦を実行できる上手い選手ですが、僕はどちらかと言うと不器用で、セコンドに言われても中々実行できない、あまり良い選手じゃないんで(苦笑)。そこをなんとかかいくぐって作戦を立てられたらいいかなと思います。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)いつも言うことは一緒なんですけど、本当にサポートしてくれるチームやファンの方々の声が力になって戦ってます。少しでも恩返しできるように、この最後のKrushで一発KOで倒したいと思います」

 ともに上り調子の川﨑と瓦田。最後に勝利を掴むのはどちらだ?