2019.01.27

 1月27日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.97」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第4試合で和夢と対戦した伊澤波人。得意のローを確実にヒットさせると、試合終了間際に左ハイキックでダウンを奪って貫禄の勝利を収めた。

 一夜明け会見で伊澤は「昨日の試合はKOしようと思いすぎちゃって、大振りになってしまいました。(渡辺雅和)代表にも『もっと落ち着いていけ!』と言われたんですけど……やっぱりああなると駄目だなと改めて思いました」と試合内容を反省した上で「前回の試合後にも言ったように、僕は本当にベルトが欲しいんで、何とかベルトに挑戦できるようにお願いします」と王座挑戦をアピールする。

 昨日の大会では同門の西京春馬が敗れて、POWER OF DREAMの江川優生がKrushフェザー級王座を獲得。昨年8月のフェザー級転向後、4戦4勝と連勝街道を突き進む伊澤は「春馬の敵討ちじゃないですけど、江川選手に勝ってベルトを巻きたい。江川選手とやったら勝てると自分で思っているんで」と江川に挑戦状をたたきつけた。

伊澤波人
「昨日は皆さん本当に応援ありがとうございました。おかげさまで昨日もしっかり勝つことができました。前回も言ったように、僕は本当にベルトが欲しいんで、何とかベルトに挑戦できるようにお願いします。(昨日の試合を振り返って?)昨日の試合はKOしようと思いすぎちゃって、大振りになっちゃいました。(渡辺)代表にも『もっと落ち着いていけ!』と言われたんですけど……やっぱりああなると駄目だなと改めて思いました。

 やっぱり僕はああやってパンチで大振りで行くタイプじゃないんで、もうちょっと手堅くローキックで行って、足を効かせて3Rとかで倒せたらいいなって感じで、これからはやっていきたいと思ってます。反省点が凄く残った試合になりました。

(昨日の大会で王座が交代したが?)もちろん昨日は春馬を応援してたんですけど、ああいう形で負けちゃったんで……春馬の敵討ちじゃないですけど、江川選手に勝ってKrushのベルトを巻きたいです。僕は江川選手と相性がすごくいいと思うので、やったら勝てると思っています。江川選手のパンチか、僕のローキックか。試してみたいです。

(今後の目標もKrushのベルトを獲ること?)僕はここ11戦して10勝1敗、負けたのは武居由樹選手の1回だけです。ここまで勝っていても中々ベルトに挑戦できないんで…そろそろベルトに挑戦させてほしいです。やっぱり(Krushは)倒さないと駄目なんですけど、頑張ってもっと強くなって倒せるようにするんで、どうかベルトに挑戦させてほしいです。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)いつも応援してくださって、皆さん本当に感謝してます。昨日も130人ぐらい僕の応援団も来てくれて、会場でも“波人コール”が凄く聞こえて、とっても嬉しかったです。そうやってたくさん応援してもらってるんで、僕はちゃんと恩返ししないといけないと思っています。ベルトを獲ることがみなさんへの恩返しだと思うんで、何がなんでも今年ベルトを獲ります。2019年、伊澤波人はベルト獲ります」