2019.01.19

 1月18日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の第3弾対戦カードが発表された。

 会見では日本vs世界・7対7、スーパーファイト、プレリミナリーファイトが追加発表され、カード発表のなかったスーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレック、スーパー・ウェルター級王者チンギス・アラゾフに関する新たな発表もあった。

 昨年11月に王座返り咲きを果たしたゲーオはタイで軍隊に所属し、毎年1月~2月は軍での活動が義務付けられている。そのため3月10日に開催される「K'FESTA.2」は準備期間が短いため、参戦は見送りとなった。

 また昨年3月の「K'FESTA.1」で王座初防衛に成功したアラゾフは、今大会への出場をオファーしていたが、アラゾフサイドより「負傷箇所は明かせないが、怪我でしばらく試合が出来ない」と連絡があり、今大会は欠場へ。

 K-1 JAPAN GROUPのイベントから1年以上離れる形になるため、K-1・アラゾフ両陣営で協議した結果、両者合意のうえで王座返上となった。今後もK-1としてはアラゾフの怪我が治り次第、試合オファーをする方向だ。会見で発表されたアラゾフのコメントは以下の通り。

「ファンのみんなへ

まずはじめに、私の試合を楽しみにしていてくれた日本のファンのみんなにお詫びをさせて頂きたい。

怪我で3月10日の「K'FESTA.2」に出場する事が出来なくなってしまった。

この件についてK-1と協議をし、双方の同意のもとタイトルを一旦返上する事になった。

ただし、私は必ず皆さんの前に戻ってくることを約束する。

その時にまたお会いしましょう。

チンギス・アラゾフ」