2019.01.19

 1月18日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の第3弾対戦カードが発表された。

 制御不能のマスクマンとしてリング内外で存在感を放つ左右田泰臣が2年連続でK'FESTAに参戦。その相手は今回がK-1初参戦となる松花征也だ。松花はK-1甲子園出身で、10代の頃からプロのリングで活躍。これまで他団体でキャリアを重ねてきたが、この度「リバーサルジム横浜グランドスラム」所属として、約2年ぶりの復帰戦=K-1のリングから再出発することになった。

 実はこの2人、約5年前に他団体で対戦が決定していたが、試合直前に松花が試合できない状況となり、試合そのものが消滅してしまった因縁がある。この日、左右田は松葉杖を突きながら登場すると「今僕はこんな状態です。僕もK-1年間最大のビッグマッチで、五年前のように試合が消滅することは避けたい。もしどちらかが行方不明になってもいいように、お互いに代理選手“X”を用意しましょう」と代理選手の準備を要求する。

 対する松花は一連の左右田の言動に苦笑いを浮かべながらも「この2年間で色々あったんですけど、それでもずっと応援してくれてる人たちがたくさんいます。今回はその人たちに本当に良い試合を見せられるように、3月10日は頑張りたいと思います。代理の選手を用意する必要はないです」と返答した。

左右田泰臣
「約5年前に松花選手の方から対戦要求をしていただいて、試合が組まれたのですが、松花選手がまさかの行方不明になってしまい、僕自身の試合ごと消滅してしまいました。松花選手は初参戦にして、いきなりK-1年間最大のビッグマッチに出られるという、特別扱いの待遇なので、相当な実力者だと思います。そこはしっかりと警戒したい…と思うのですが、僕もK-1年間最大のビッグマッチで、五年前のように試合が消滅することは避けたいので、もしどちらかが行方不明になってもいいように代理選手“X”を用意してもらえればと思っています。僕も今、ちょっとこのような状態なので、1人代理選手を用意させていただきます。

(怪我の状態は?)何でもすぐ答えを求めることはよくないことだと思うんで、ご想像にお任せします。3月10日まで、まだ時間がたっぷりとあるんで、色々とイメージしてみてください。(対戦相手の印象は?)すぐいなくなっちゃうって印象ぐらいですかね。ファイターとしては……凄く良い選手だと思います」

松花征也
「この度。こういったK-1の大会に出させていただいて感謝しています。左右田選手とは5年半ぐらい前に対戦が流れてしまい、こういった大舞台で対戦させていただけるということで、思いっきりぶつかっていきたいです。試合自体も2年ぶりなんですけど、色々と環境が変わって、本当にまた一からのスタートになります。自分は自分らしく、一生懸命頑張って行きたいと思います。

(ジムとしてグランドスラム、戦う場所としてK-1を選んだ理由は?)この2年間の間に色々あったんですけど、知り合いの方に勝村さんを紹介してもらい、勝村さんのお誘いで自分もジムに入らせてもらって、練習もさせてもらい…いつかまた試合を組んでもらえたらなと思っていました。そこでいきなりこんな大舞台に出させていただくことになって、自分としては本当にビックリしています。

(試合から離れていた2年間で、どう成長した?)本当に色々あったんですけど、それでもずっと応援してくれてる人がたくさんいるんで。今回はその人たちに本当に良い試合を見せられるように、3月10日は頑張りたいと思います。(対戦相手の印象は?)ボクシング技術がめちゃくちゃあって、テクニックもあって素晴らしい選手だなと思ってます」

 K-1でマスクマンとしてキャラを確立してきた左右田と、K-1初参戦となる松花。5年の時の経て実現した因縁の一戦を制するのは果たして?