2019.01.09

 1月8日(火)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の第2弾対戦カードが発表された。

 大沢文也と篠原悠人、昨年12月のK-1大阪大会のライト級世界最強決定トーナメントで会場を沸かせた2人が「K'FESTA.2」のリングで拳を交える。大沢はトーナメント一回戦で中国のリュウ・ウェイを下し、準決勝の恭士郎戦は飛び膝蹴りで会心のKO勝利。決勝では左フックで先制ダウンを奪うも、林健太のパンチに沈み、惜しくも準優勝に終わった。

 一方の篠原は一回戦で優勝候補大本命と見られたゴンナパー・ウィラサクレックにカウンターの左フックを決め、僅か25秒でKO。続く準決勝では林の強打で1RKO負けを喫したものの、序盤は鋭いパンチで林を圧倒した。トーナメント後、篠原は保持していたKrushスーパー・ライト級王座を返上し、2019年からは本格的にライト級での戦いに足を踏み入れる。

大沢文也
「篠原くんとはすごく試合をしたいと思っていて、12月のトーナメントでも決勝でやれたらなと思っていました。お互い優勝した林選手にはKO負けしてるんで、そのKO負けした選手2人が『K'FESTA.2』で戦うというのも、僕は楽しみだし、ファンの皆さんも楽しみだと思うんで、期待しててください。

(12月のトーナメントを振り返った感想は?)僕、もともと凄いモテるんですけど、トーナメント終わってさらにモテるようになったっす(笑)。(試合を振り返って?)僕の煽り映像がゴンナパーを追いつめたみたいな映像だったんですけど、篠原選手が20秒ぐらいでゴンナパー選手をKOしちゃったんで、僕のレベルがすごく低いと思われた印象しかないです(苦笑)。決勝は試合は本当に覚えてないんですよ。1Rまでしか覚えてなくて、2Rと3Rは後でYouTubeを見て、こういう感じだったんだって思い出したぐらいで。1回戦と準決勝は覚えてるんですけど、準決勝は本当に作戦通りです。飛び膝は狙ってました。

(今年の目標は?)今年の目標はあるんですけど、今は篠原選手に勝つことしか考えてないです。篠原選手に勝てば、自ずと道は切り開けるかなと思ってるんで、そういう意味で目標はないです。今日6月の両国大会が発表されて、さっき控室で聞いてテンションぶち上がっているんで、そこは本当に目指します」

篠原悠人
「トーナメントで負けて、Krushスーパー・ライト級のベルトも返上して、これからはライト級一本でやっていくことなりました。ここはしっかり勝ちます(12月のトーナメントを振り返った感想は?)1回戦がゴンナパー選手やったんで、逆にそのことしか考えてなかったです。作戦通りに行って1RKO出来たんですけど、2試合目もKOを狙い過ぎて隙ができたかなと思います。やっぱりそれはメンタルとか試合経験のなさかなと思うし、そこは勉強出来たと思うので、ちゃんと改善してこれからの試合に挑んで行きたいと思います。

(大沢選手からは『篠原くんと試合をしたかった』という発言があったが)大沢選手とは控室で一緒になることも多くて、めっちゃ気さくに喋ってくれる良い人なんですけど。僕はスーパー・ライト級で、大沢選手はスーパー・フェザー級やったんで、あんまり試合をやることは考えてなかったですね。大沢選手の試合は見たことありますけど、上手くてパンチとかテクニックもある選手です。僕もテクニックに自信あるんで、試合するのが楽しみやなと。

(今年の目標は?)この試合に勝てばK-1のライト級のベルトにつながると思うんで、しっかり勝って、6月の両国大会にも出たいです」

 ライト級世界最強決定トーナメントでは激闘を見せた両雄だが、本来のファイトスタイルはカウンターも冴えるテクニシャンタイプ。「K'FESTA.2」の大舞台で、どのような試合を見せるか注目だ。