2019.01.06

 1月26日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.97」の[第4代Krushバンタム級王座決定戦/3分3R・延長1R]で晃貴と対戦する萩原秀斗のインタビューを公開!

──当初は晃貴選手と挑戦者決定戦で対戦予定でしたが、金子晃大選手の王座返上により、王座決定戦に変更となりました。王座決定戦に変わると聞いた時は率直にどう思いましたか?

「Krush2戦目でこのようなビッグチャンスをいただいて、とても感謝してます。Krushのベルトは、僕がプロになって初めてカッコイイなと思えたベルトなので、そのベルトがもう少しで自分の手に入ると思うと、とてもワクワクしています」

──金子選手がタイトルを返上すると聞いたときはいかがでしたか?

「金子選手からベルトを獲りたかったのでちょっと寂しい部分もあります。でも自分がベルトを獲って、強い選手とやって防衛を重ねて、ベルトの価値を高めていければいいなと思います。それでまたいつか金子選手とやれたら良いなと思います」

──対戦相手の晃貴選手にはどんな印象を持っていますか?

「リーチは短いですけど爆発力があってコンビネーションも上手ですね。でも攻略できない相手じゃ全然ないと思うので勝ちます。(相手の)得意なところを消して、最後には倒して勝って、ベルトを獲ります」

──K-1総本部チームペガサスに移籍して、最近の練習で感じている手応えはありますか?

「倒しに行かないといけないところでいけるようになった気がします。あとは(代表の梶原)龍児さんにも『リングの上では優しい秀斗を消すように』って言われていて、それもだんだん消えてきて、ファイターになれてきているかなっていう状態です」

──挑戦者決定戦から王座決定戦に変わって、どんな試合をファンのみなさんに見せたいですか?

「ここで僕がしょうもない試合をして勝ったらKrushがなめられてしまうと思います。なのでしっかり盛り上げるのはもちろん、圧倒的に勝って衝撃を与えます。ファンの皆さんにKrushバンタム級チャンピオンとして認めていただけるような勝ち方をしますので、よろしくお願いします」