2018.12.19

 12月18日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、2月16日(土)東京・後楽園ホール「Krush.98」の決定対戦カードが発表された。

 同大会で第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント決勝の軍司泰斗vs玖村将史が行われる中、同級の一戦として亀本勇翔vs出貝泰佑が決まった。亀本はこの王座決定トーナメントに出場するも一回戦で椿原龍矢にKO負けし、今回が出直しの一戦となる。

 対する出貝はスーパー・バンタム級で活躍を続けてきたが、Krushには一階級下のバンタム級で参戦。思うように勝ち星を伸ばすことができず、この試合からスーパー・バンタム級に階級を戻し、自ら志願して青コーナーからの再出発となる。会見では揃って再浮上に向けた意気込みを語った。

出貝泰佑
「ここ最近Krushに来てから、あまり調子が出ていませんでした。その理由として怪我だったり、スーパー・バンタム級からバンタム級まで階級を落として体重が原因じゃないか?という声がありました。その一つをクリアするという点で体重を戻して挑戦させてもらおうと思い、青コーナーで試合することを直訴させてもらいました。階級を戻したことで元気に暴れる姿を見せたい。

(対戦相手の印象は?)外見からでいくとサングラス…似合ってないならやめた方がいいと思います(苦笑)。あと共通の知り合いの芸人さんがいて、どっちの応援するのかなと思っていて。過去にそういう試合も経験していて、たぶん亀本くんの方を応援すると思いますが、そこは関係なく今までの経験を活かして戦いたいと思います。選手としての印象は何でも出来て良い選手だと思います。

 僕が亀本選手を初めて見たのが、僕がKrushに初参戦する時です。その時、僕は交通事故で試合を欠場してしまい、僕の代わりに試合をしたのが亀本選手でした。その時に亀本選手を見て、とてもいい選手だなと思いました。その時の技術でいくと、苦戦はすると思うけど圧倒的できる印象があったので、今回もいけるという印象です。

(2019年の目標は?)ここで力を発揮してチャンピオンたちと戦っていくことが目標です。本来の階級に戻り、出貝は終わっていなかったという姿を見せて、新しい出貝ワールドに染めたいと思います」

亀本勇翔
「第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦負けの亀本勇翔です。このカードを見た時、ほとんどの人が思ったであろうことが“判定決着”。でもそう思われるのは今までの僕の話なんで、次からはガンガン行って倒しに行きます。(対戦相手の印象は?)僕の可愛い後輩の晃貴に負けた選手という印象です。先輩として後輩に先を行かれるのは正直焦るので、晃貴よりももっと圧倒して勝ちたいです。

(技術的な印象は)テクニックはあると思うけど、このままいくとテクニック合戦で判定決着になっちゃうと思います。SNSでも(ネットの)評論家から『亀本はテクニックがあるけどパワーがない』とDMが来ます(苦笑)。今パワーが上がるトレーニングをしているので、出貝選手を倒せば評価が上がるかなと思います。

(バンタム級王座決定トーナメントは)意識しています。今回一回勝ってタイトル挑戦とは言えないと思いますが、ここで頭角を表す試合をして、いずれ(亀本が)挑戦するんじゃないか?という試合をします。今年で厄年が終わるので、いい意味でそれを言い訳にして(苦笑)。Krushのベルトは1㎜もあきらめてないので、必ず取りに行きたいです。

(サングラス着用の理由は?)僕も会見に慣れてきて、何か印象を残そうと思って…よくいったらファッションで、悪く言ったらいきっちゃった感じです。不評だったら辞めます。(この試合のテーマは?)KO勝ちです。こんな判定決着が約束れたされたような試合で、僕が倒して勝つと言っても説得力がないと思います。もしKOできなかったら個人的に罰ゲームをしようと思うので、SNSにコメントください」