2018.12.18

 12月18日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、2月16日(土)東京・後楽園ホール「Krush.98」の決定対戦カードが発表された。

 スーパー・フェザー級屈指の実力者対決=レオナ・ペタスvs朝久泰央の一戦が決定した。レオナは7月の日中対抗戦で中国のトップファイター=ジャオ・チョンヤンをKOで下し、9月のKrush.93で安保璃紅との対戦が組まれていたが、交通事故に見舞われ無念の欠場に。ようやく怪我も癒え、万全の状態で再起戦に臨む。

 対する朝久は約2年前の第5代Krush-60kg(現スーパー・フェザー級)王座決定トーナメントの準決勝でレオナに敗れたが、以後は無敗をキープ。12月のK-1大阪大会では9月にレオナと対戦予定だった安保とのホープ対決を制した。

 会見では朝久が「約2年前にレオナ選手には判定で負けているのでしっかり倍返しでやり返させてもらいます。完封して勝ちます」とリベンジを誓えば、レオナも「朝久選手とは1度戦っています。前回はダウンを奪って判定勝ちでしたが、次は完全にマットに沈めたい」と返り討ちを宣言する。

 さらにレオナは就任したばかりの中村プロデューサーに「僕と朝久くんだったら盛り上がるし、次期挑戦者決定戦に今してもらっても良いと思うんですけど、中村プロデューサー、どう思います?」と挑戦者の確約を迫る。

 中村プロデューサーは「ファンの皆さんや主催者の我々が、これに勝った方が挑戦者だと納得する試合を見せてくれればそうなると思う」と確約はしなかったものの「それだけ皆さんの期待値が高いカードだと思っていますし、2人の言葉を聞いていても、ただ再戦で勝つという以上のことを見せてくれるとさらに期待感が膨らみました」とレオナと朝久の一戦に期待を込めた。

レオナ・ペタス
「まず今年の9月30日の僕と安保選手の試合を楽しみにしていたお客様やファンの皆さんにご迷惑をかけて、本当にすいませんでした。交通事故から休んだりもしましたけど、色々と発想も変わって練習でパワーアップしています。朝久選手とは1度戦ってますが、次は完全にマットに沈めたいと思います。

(前回の対戦から約2年経って、現在の対戦相手の印象は?)朝久選手、この間の12月の試合も見たんですけど、手数は多いし体力もありますね。ただパワーに欠けてるんで、あんなパンチだったら100発もらっても全然効かないし、まあ倒してみろよって感じですね。

(朝久の12月の試合ではディフェンスも際立っていたが?)僕もパンチやパワーがついてきてるし、ディフェンス力だったら僕の方が絶対高いんで。そこにドーンと来たとこでカウンターで。まあ1回戦った時みたいに倒せるんじゃないかって思ってますね。

(両者共にKrushのベルトを目標に掲げているが、改めてベルトに対する想いは?)12月の試合(王者・島野浩太朗vs挑戦者・大岩龍矢のタイトルマッチ)を見ても、何で彼が挑戦者だったのかも良く分からない。全然強いヤツとやってないのに、いきなり出てきてチャンピオンとやって…実績も実力もないのに何でやってんだろうって思いながら見てました。まあ僕と朝久くんだったら盛り上がるし、次期挑戦者決定戦に今してもらっても良いと思うんですけど、中村プロデューサー、どう思います? 今のチャンピオンより僕たちの方がたぶん強いと思うんで。

(ファンに向けてメッセージは?)朝久選手は『完封で勝つ』って言ってますけど『倒されちゃったこと忘れちゃったのかな?』って感じですね。2018年は色んな人に応援してもらってたんですけど、事故もあったりで結果でちゃんと返すことが出来なかった。2019年は弟(加藤虎於奈)や僕、チームのみんなで全勝できるように頑張りますんで、もう1度応援よろしくお願いします」

朝久泰央
「約2年前にレオナ選手には判定で負けているのでしっかり倍返しでやり返させてもらいます。(前回の対戦から約2年経って、現在の対戦相手の印象は?)レオナ選手が7月に戦ったジャオ・チョンヤン選手の強さを僕は知っています。その選手にああいう勝ち方を出来るというのは、前回対戦した時よりも、とても強くなっていると思います。でも僕もこの2年間でとても進化しています。人間は進化する生き物だと思っていて、若い僕の方がより成長していると思っています。

 レオナ選手がさっき『マットに沈める』と言ってましたけど、一発ももらわずに完封でボコボコにします。相手の印象はパンチ・ゲンコツが硬いって感じですかね。(レオナ選手の『前回みたいに倒せると思う』という発言を聞いてどう思う?)そんなに気にならないですね。僕の方がディフェンスも攻撃力もあると思ってます。100発で倒れないなら、200発、300発と打ち込んで一方的に終わらせます。

(両者共にKrushのベルトを目標に掲げているが、改めてベルトに対する想いは?)レオナ選手が交通事故に遭ったと知った時に、その間に僕が仮にチャンピオンになったとしたら、僕は初防衛戦の相手にレオナ選手を指名しようと思ってました。でもチャンピオンになる前にこういう形で試合が決まってとても嬉しく思っています。この試合は普通のワンマッチですけど、僕はこの試合が次期挑戦者決定戦という捉え方をしてるんで。しっかりKOでインパクトを残してタイトルを狙っていきます。

(ファンの皆さんに向けてメッセージは?)レオナ選手はゲンコツが硬いと言いましたが、僕はレオナ選手より硬いゲンコツを2つ知っています。一つは良くゲンコツされる(父・朝久篤)館長と、あとは武林風世界チャンピオンである兄・裕貴のゲンコツです。その2人や道場の仲間としっかり練習すれば、レオナ選手を完封して、一方的にボコボコにして勝てると思ってます。楽しみにしていてください。必ず勝ちます。

(レオナの『倒されちゃったこと忘れちゃったのかな?』という発言を受けて)過去の勝利をずっと引きずって言っているみたいなんで、今を生きているヤツの強さを教えたいと思います。せいぜい頑張てチョンマゲ!これを言い忘れてました」

 スーパー・フェザー級の実力派対決に勝利するのはレオナか? 朝久か?