2018.12.15

 12月15日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.96」の前日計量・記者会見が行われた。

 明日の第6試合では同日にタイトルマッチが行われるスーパー・フェザー級で郷州征宜と山本直樹が激突する。

 6月の初防衛戦で島野浩太朗に敗れベルトを失った郷州は「明日は今年最後のKrushなので、Krushらしい試合をしっかり見せて何が何でも勝ちに行きたい」と再起に向けて意気込む。「山本選手は計量で見てやっぱり体つきが良いなと」と山本の印象を語ると「でもパワーは全然自分の方があると思ってるんで、明日は確実に倒しにいきたい」と必勝を誓う。

 対する山本は「いつも通り計量クリアして、後は明日やってきたことを全て出して勝ちたい」と語り「郷州選手はいつも通り良い体で、気持ちも明日に向けてしっかり仕上げてると思うんですけど、明日は自分が勝つんでよろしくお願いします」とこちらも勝利を宣言する。

「今年は良い結果を出せてないので、明日は何が何でも結果を出すという気持ちでいます」(郷州)、「Krushは今年最後ですけど、来年はベルトを獲る気なんで、来年につなげられるようにしっかり勝って良い結果で終わりたい」(山本)と来年のベルト奪取に向けて重要な一戦と位置づけている両者。

 共に今年は島野に敗れベルトを失い・挑戦の機会を阻まれたが、「島野選手には以前KO負けしてるんで、防衛してもらって、次やった時は返り討ちに出来るように、パワーアップしている姿を見せたい」とリベンジに燃える山本に対し、郷州は「どちらが勝ってもそのベルトを奪いに行くという感じで、明日は必ず勝ちたい」と王座返り咲きを切望した。

 最後に「今年最後のKrushで、今年は良い結果が出せてないので、必ず良い結果を出せるように、そして来年のベルトにつなげられるようにしっかり勝ちに行きたい」(郷州)、「今年最後の試合を気持ち良く終わりたいんで、今まで一番最高の応援をよろしくお願いします」(山本)とファンに向けてメッセージを送った。

 スーパー・フェザー級の今後を占う重要な一戦、生き残るのは郷州か? それとも山本か?