2018.12.13

 12月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.96」の[Krush女子アトム級/2分3R・延長1R]で対戦するC-ZUKAと福原優のコメントを公開!

C-ZUKA
「私は器用なタイプではないので、一つ一つ基礎から反復して身体に染み込ませたり、今までの課題を克服できるよう力を入れて練習してきました。強い人はみんな基礎がものすごくしっかりできているので。そして自分の良さも長所にできるように練習してきました。

(対戦相手の印象は?)会見でも言葉につまってしまいましたが、相手への興味とか印象はあまりありません。しかし、自分と同じく、仕事、減量、追い込み…の日々を乗り越えて格闘技に取り組んでいる相手へは尊敬の気持ちもあります。敬意を払い、全力でぶつかり戦うつもりです。

 今回の試合では今の自分の全てを出し切り、周りの方への感謝の気持ちを結果で伝えます。必ず勝って今年を笑顔で終えます。(どんな試合をして勝ちたい?)ボコボコにやっちゃうつもりです。私はテクニックも経験も正直まだまだですし、課題ばかりの未熟な選手ではありますが、スイッチが入ったときの気持ちの強さを見ていただけたらと思います。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)私を支えて下さるみなさま、いつもありがとうございます。いつも迷惑ばかりかけてしまっている周りの方々にも感謝しかありません。私は保育士として働いていて、先週お遊戯会がありました。大勢の人前で緊張を乗り越え、立派に舞台に立って演技する子ども達の姿に刺激をもらいました。

 そして、何より楽しそうに舞台に立つ姿。やる側が楽しむことで、見る側にも楽しんでいただけたり、本気でやれば想いは伝わるんだなと子どもたちの姿から学びました。私もまずは自分自身が楽しむこと、そして、一生懸命戦うことで、皆さんに勇気を与えられるように頑張ります。宜しくお願いいたします!」

福原優
「この試合のために特別なことはしてませんが、スピードの強化と安定性を意識して練習してきました。対戦相手の印象は背がでかい。あと入場曲のアンパンマンマーチが印象的。試合のテーマは1RKO、スピードが違うと思うので圧倒的な差でKOします。お客さんには私の速さと華やかさをアピールして『Krushu.96』を最後までお楽しみください」