2018.12.07

 12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト第2試合/K-1ライト級/3分3R]で対戦するSEIYAと鈴木孝司のコメントを公開!

SEIYA
「1年半ぶりにK-1に出場させていただきます。この間に応援していただいたファンの方々、サポートしてくださった方々、全ての人の思いを背負って戦おうと思います。今回の試合に向けて、全体的にファイトスタイルを見直して、特にボクシング技術を上げることに重点を置いて練習しています。最近の試合では蹴りだけでなくパンチでも倒せるスタイルに変えることを意識して取り組んで、結果を残せているので成長できていると思います。スピード、パワー、技術、強くなった自分を見てもらえればと思います。

 対戦相手は同じ兵庫県出身の選手と聞いてるので、そういった意味でも絶対に負けられないです。新しいK-1として大阪で初開催の大会なのでプレリミナリーファイトから迫力あるKOを魅せて、会場にいる全ての観客はじめ、中継で観戦している全ての方々を盛り上げたいです。やっとまたK-1のリングに戻ることができました。ここからかが再スタートであり本当のスタートだと思ってます。ここから上位の選手に食らいついて、僕がK-1ライト級を盛り上げて引っ張っていきますので期待してください!」

鈴木孝司
「対戦相手が変更になりましたが、相手の対策よりも自分の実力を上げる練習や、ファイトスタイルを作り上げる練習をしているので問題はありません。対戦相手は綺麗に戦うタイプという印象です。私は相手は誰でも関係なく、目の前の相手を全力で倒しに行くだけです。相手を操って試合を支配して勝ちます。ファンのみなさんには私のことを覚えてもらえるよう全力を尽くし闘います」