2018.12.07

 12月7日(金)ホテルグランヴィア大阪にて、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)大会の前日計量・記者会見が行われた。

 ともに関西出身・K-1初参戦の玖村修平と林勇汰によるスーパー・バンタム級のスーパーファイト。公式計量では林が400gオーバーで再計量となったため、玖村のみが会見に出席して意気込みを語った。

 会見で玖村は「しっかり練習してきて、とても仕上がっています。初のK-1大会に出させてもらうことに感謝しています。しっかりインパクトを残したいと思います」と挨拶。再計量になった林に対しては「しっかり体重を落としてもらえると思います」としつつ「本当は2人で出る会見に1人で出ているんで気まずいです(笑)」とリラックスした表情も見せた。

 改めてK-1初参戦に向けては「今回は対戦相手どうこうじゃなくてK-1に出るために準備してきました」と話し「今年Krushで2戦させてもらったんですけど、まだKO勝ちがないです。今回はパンチでも蹴りでもしっかり倒せるように練習してきましたが、僕の得意技は蹴りなので、しっかり蹴り倒したろうかなと思っています」と蹴りでのKOを予告した。なお林は規定時間内に再計量でリミットの55.0kgをクリアし、予定通りのこの一戦は実施される。