2018.12.06

 12月6日(木)大阪・寺田町のALL WIN GYMにて、12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2018~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で朝久泰央と対戦する安保璃紅が試合に向けての意気込みを語った。

 朝久との一戦を目前に控えて「いつも通り順調に仕上がっています」と語った璃紅。計量前日ということもあり、この日はインタビューのみとなったが「今回は相手が朝久選手ということもあって、朝久選手の動きを考えて試行錯誤して色々とやってきました。それを試合で出したいと思います」と続ける。朝久は構えを小刻みにスイッチする(変える)など、独特のファイトスタイルでも知られているが「朝久選手がどんな動きをするかイメージして練習してきたし、ジムには蹴りが上手い子もいるので色々と試してもらって練習してきた」と朝久を意識した実戦練習を重ねてきた。

 対戦カード発表会見では璃紅の「相手として実力不足」発言に対し、朝久が「一方的にボコボコにして言ったことを後悔させる」と反撃。いつもは冷静な印象のある璃紅から「今の言葉は頭にきた。僕も真っ向からぶつかっていく」という言葉も飛び出した。この日も「(朝久には)普通にムカついていますね。今回は僕をムカつかせたから僕の勝ち。ボコボコにしてやると言ってきたんで、逆にこっちが壊してやります」と静かに闘志を燃やした。

 デビュー当初に関西で試合をしたことのある璃紅だが、K-1 JAPAN GROUPで活躍するようになって関西で試合をするのは初めて。また璃紅にとってはK-1初参戦の試合でもある。「身近な人たちが会場まで足を運んでくれるし、その中で試合が出来るのは最高ですね。来てくれる人たちにかっこいいところを見せたい」と大阪大会への想いを語ると「K-1に爪痕を残して自分の存在感を示したいし“安保瑠輝也の弟”ではなくて“安保璃紅”として僕の名前を覚えて帰ってほしい」と更なる飛躍を誓った。