2018.12.05

 12月16日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.96」の[第6代Krushスーパー・バンタム級王座トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R]で軍司泰斗と対戦する椿原龍矢のインタビューを公開!

──トーナメント一回戦の亀本勇翔戦はパンチによる見事なKO勝利でしたね。まずはあの試合を振り返ってもらえますか?

「ちっちゃい頃から体の大きい選手とやってきたんでテクニックの練習はしてたんです。で、自分が大きくなったらパワーもつくんかなと思いながら練習してたんですけど、全然つかんくて(苦笑)。それでも長い間ずっとパンチの強化の練習をしてきて、前回の試合は今まで練習してきたことがようやく全部出て、倒せて良かったなと思います」
──具体的にパンチ力をつけるためにやっているトレーニングはあるのですか?

「高校を卒業して今年の4月から専門学校でトレーナーの勉強をし始めたんです。筋肉の勉強もしてるし、筋トレも授業の中でしてるんです。だから日中は筋肉と筋トレの勉強をして、午後からは格闘技の練習ができているので、無駄のない時間を過ごせてるのかなと思います」

──進学先が上手い具合に格闘技にもフィードバックできているのですね。試合でもパンチでKO勝ちしましたし、練習でも倒せるようになってきたなという手応えは感じていますか?

「練習でも(パンチの)当たりは良くなってきていて、みんなも『これ当たったら倒せるぞ!』って言ってくれてたんです。まぁ…それは1年ぐらい言われ続けたんですけど(苦笑)、やっと倒せるようになりました」

──なるほど。でも練習ではなく試合で倒せたというのはかなり自信になったんじゃないですか?

「めちゃくちゃ自信になりました!このままパンチの強化をすれば、もっと倒せるようになるんじゃないかなと思っています」

──そしてトーナメント準決勝では軍司泰斗選手と対戦が決まりました。アマチュアとプロを合わせて3度の対戦しており(※通算戦績は椿原が2勝1敗で勝ち越し)、今回が4度目の対戦となります。最近の軍司選手の試合にはどんな印象を持っていますか?

「やっぱりパンチでガンガン出てくる選手という印象は変わらないですね。最後にやったのが去年の5月のKHAOSなんですけど(椿原が判定勝利)、その時の僕は全然パンチ力もなかったと思います。でも今はパンチも攻撃力も上がってるんで、きっと軍司選手は『全然ちゃう!』と思ってくれるんじゃないですかね」

──プロでは2度目の対戦で、前回は椿原選手が判定勝利しています。今回は判定ではなく倒して勝つということをテーマにしていますか?

「ホンマは勝ち逃げで終わって、やりたくなかったんですけど(笑)、やると決まった以上はしっかり倒して、完璧に僕の方が強いというところを見せつけたいですね」

──あと2つ勝てばベルトというところまで来ましたが、今Krushのベルトやタイトルに対してはどんな想いですか?

「やっぱりKrushのベルトを獲ったら、チャンピオンとして色んなチャンスがもらえると思っています。戦う幅も広がってくるし、チャンピオンとして練習したらもっと強くなれると思うし。自分が強くなったり、沢山のお客さんに見てもらえるようになるために、Krushのベルトを獲りたいと思います」

──椿原選手にとってベルト=自分がさらにレベルアップするために必要なものという認識ですか?

「そうですね。ベルトを持っていれば強い人ともやらしてもらえるかなと思うんで」

──トーナメント一回戦での椿原選手のKO勝ちを見て、この試合を注目しているファンの人も多いと思います。今回の準決勝ではどんな試合をお客さんに見せたいですか?

「しっかり練習していればパンチ力もつくし、テクニックも絶対に上がってくる。めちゃくちゃ練習して“倒せる椿原”を見せたいと思います。前回、軍司選手とやった時とは別人の椿原を見せたいです」