2018.11.22

 11月22日(木)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.95」の一夜明け会見が行われた。

 スーパー・ライト級に階級を上げての初戦で竹内悠希からKO勝利を収めた中野滉太。竹内のパンチで左目を腫らしての一夜明け会見出席となったが「一発だけパンチをもらったんですけど、あとは練習通りにやれたと思う」と試合を振り返り、スーパー・ライト級での活躍を誓った。

中野滉太
「昨日の試合ではスーパー・ライト級で印象を残せたかなと思います。次につながる試合だったと思います。(試合を振り返って)パンチがあるのは分かっていたし、一発だけもらったんですけど、あとは練習通りにやれたと思います。(左目の腫れは?)その一発の影響なんですけど、効いたということではなかったので、対処も出来たかなと思います。

(階級を上げての身体の動きは?)ライト級の時より遥かに動けていたし、パワーも圧倒的に良い感じだったかなと思います。(1Rのダウンについては?)ローが当たればパンチも当たるかなと思って出したら当たった感じです。(最終的には2RKOだったが?)セコンドの声もしっかり聞こえたし、階級を上げてパンチの力も変わったと思います。新たな階級でパンチで倒せてよかったです。

(今後の目標は?)スーパー・ライト級にはKrushでもK-1でもたくさん強い選手がいるので、少しでもそういう選手たちと戦えるように一歩ずつ勝っていけばいいかなと思います。(POWER OF DREAMの武居選手からは?)あまり話せなかったんですけど、試合が終わってすぐ『おめでとう』と言ってもらいました。

(頭を丸めて試合をしていたが?)悪いことをしたわけじゃないですけど(笑)、前回の試合内容が駄目だったので坊主にしました。(次の試合は?)来年は少し身体を作って、しっかり倒せるような試合をしたいと思います。(ファンへのメッセージは?)新たな階級でしっかり印象付けるKOができたと思います。もっともっと応援よろしくお願いします」