2018.11.22

 11月22日(木)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.95」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第5試合で三輪裕樹を1RKOし、試合後には武尊を彷彿とさせるバク宙を披露するなどインパクト抜群のKrushデビューを栗秋祥梧。一夜明け会見では「パンチより蹴りで倒したくて飛びヒザ蹴りを練習したんですけど、全く当たらなくて(苦笑)。得意の左フックが当たっちゃったなって感じです」と試合を振り返る。

 昨日はリングサイドで見ていたK-1スーパー・フェザー級王者・武尊の十八番でもあるコーナーポストからのバク宙を見せたが、栗秋は「九州時代から毎回やらせてもらっていて、昔からピョンピョン飛んでいました(笑)。K-1では武尊選手がいるんで真似をしてるとイメージされるかもしれないですけど、前からやっていたんで今後もしたいですね」と自身にとっても定番のパフォーマンスだったことを明かした。

 今後の目標について栗秋は主戦場のレベルスはもちろん「レベルスもKrushも引っ張っていけたらなと思います。タイトルは欲しいですし、なおかつ1試合・1試合を大切にして、インパクトを残せる試合をしていきたい」とKrushでの活躍を誓った。

栗秋祥梧
「大会が終わってほっとしてます。Krushファンの方に良い試合が見せられたかなと思いますけど、自分的には反省点が多かった試合なんで、まだまだこれからだなと思いました。(反省点はどの辺り?)対戦相手の映像を見てパンチとローの選手ってイメージがあったんですけど、そのローキックをしっかりディフェンス出来なかったところですね。(Krushルールでは反則の蹴り足キャッチしてしまう場面もあったが?)ルール的にも反省点はあるんですけど、何も考えずに自然とキャッチしてしまったのはミスだったかなと思いました。

(圧力をかけられる時間が続いていたが?)僕はけっこう圧力かけられることが多いんで、まあいつも通りだなと思いました。(ダウンシーンを振り返って)パンチより蹴りで倒したくて飛びヒザ蹴りを練習したんですけど、全く当たらなくて(苦笑)。得意の左フックが当たっちゃったなって感じで終わりました。(対戦相手の印象は?)本当に気持ちが強くて、ローキックも速くて重かった。あれが3R続いてたら危ないなと思いました。本当に良い選手でした。

(試合後のバク宙は?)毎回どの大会でもやらせてもらっていて、九州の頃からピョンピョン飛んでたんで(笑)。いつも通りですかね。(リングサイドにいた武尊選手とイメージの被るパフォーマンスだが?)意識はしてなかったんですけど、飛んだ後にパッと振り返った時に、目の前に武尊選手が座っててちょっと怖かったです(笑)。こっち見てたんで『うわっ!』と思って、ちょっとすいませんって感じでした。

(Krushという舞台で試合をして、会場の雰囲気や周りの反応は?)初参戦で凄くファンの方も盛り上がってくれた印象があって、試合の後もSNSで反響が大きくて寝れなかったです(笑)。(初参戦を終えて、これからの目標は?)自分はレベルスを主戦場だと考えているんで、レベルスを引っ張っていけるような存在になりつつ、Krushも引っ張っていけたらなと思います。

(地元で応援してくれているお兄さんは勝利を報告してどういう感じだった?)自分的にはKOして嬉しくてすぐ電話したんですけど、反応はけっこうあっさり終わったんでちょっと寂しかったです。もうちょっと優しい言葉くれよって(笑)。(バク宙は今後も続ける?)続けない方が良いですかね(笑)? K-1では武尊選手がバク宙しているんで真似をしてるってイメージされるかもしれないですけど、僕もずっと前からやっているんで、これからもやっていきたいです。

(怪我がなければどんどん試合をしていきたい?)九州の時から別に怪我していても試合には出ていたんで。今回も左の拳が少し壊れたんですけど、試合になればアドレナリンが出て全然問題なく手を出せるんで。いつでも試合は出来る感じですね。(来年はタイトルに絡んでいきたい?)タイトルはやっぱり欲しいですし、なおかつ1試合・1試合を大切にしていって、インパクトを残せる試合をしていきたいですね。

(ファンに向けてメッセージは?)今回は平日にもかかわらずお忙しい中集まっていただきありがとうございます。初参戦で良いインパクトの残せたかなと思うんですけど、まだまだ反省点があるのでしっかり復習して、またKrushのリングに立ちたいと思うんで、今後とも暖かい応援よろしくお願いします」