2018.11.22

 11月22日(木)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.95」の一夜明け会見が行われた。

 タイで武者修行を経て、明戸仁志と対戦した“バズーカ”巧樹。ムエタイ仕込みの蹴り技で明戸の強打を封じての勝利だったが、バズーカ自身は「火薬の補給不足であのような結果になってすいません」と反省の弁。「昨日は足の火薬の量が多かった。次からはもっとぶん殴れるように修行します」と出直しを誓った。

“バズーカ”巧樹
「火薬の補給不足であのような結果ですいませんでした。押忍。調子も良かったんで…火薬の補給不足としか言いようがないです。(タイ修行は?)10月から試合の2週間くらい前まで、約1カ月間タイに行っていました。(練習の成果は?)蹴りが当たったかなって感じです。ただ足の火薬の量が多くなっていたので、もっとぶん殴れるように修行します。

(対戦相手の印象は?)特に試合中は普通だなって感じでした。やりにくさもなかったんで調子いいのかなと思いました。(相手は元自衛官だったが?)火薬は取り扱ったことはあってもバズーカを取り扱ったことはなかったと思います。(今後の目標は?)今回はダメだったので、次はしっかり勝てるように火薬を準備したいと思います」