2018.11.22

 11月22日(木)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.95」の一夜明け会見が行われた。

 昨日のセミファイナルで山本優弥の愛弟子・渡邊俊樹を判定で下して再起戦を勝利で飾った牧平圭太。1Rにはダウンを奪われるなど苦戦を強いられた牧平は一夜明け会見で「(1Rにダウンを奪われて)凄い焦っちゃいました(苦笑)。(渡邊選手は)対策はもちろんしてきましたけど、凄い気迫が伝わってきました。(2月以来の試合で)見ての通り硬かったですね」と試合を振り返る。

 王座返り咲きを目指して現役続行を決意した牧平は「その目標はブレずに1段1段登っていけたら良いなと思います。もう1度Krushのベルトを獲ることを目標にしているので」と改めてKrushのベルトへの想いを語った。

牧平圭太
「昨日は新しい姿という形が見せることが出来なかったので、もう1度自分を見つめ直して、強くなってまたリングに戻りたいと思います。(1Rにダウンを取られて危ない場面もあったが?)凄い焦っちゃいました(苦笑)。それでやってきたことが見えなくなっちゃったんで、そういうところも踏まえてまだまだ甘さがあるなと思いました。

(渡邊選手と戦ってやりにくさはあった?)対策はもちろんしてきましたけど、すごく気迫が伝わってきました。(2Rから巻き返すことができたが?)練習でやってきたことが出せなかったという部部で自分の弱さがあったかなと思います。(2月以来の試合で調子が戻しきれなかった?)見ての通り硬かったですね。

(試合後に山本優弥とは話した?)挨拶させてもらって、渡邊選手とも挨拶した時に時空を超えたような不思議な感覚になりました。(優弥さんから『これから頑張れ』などと声をかけられた?)それも言っていただきましたし、渡邊選手は凄い良い選手なんで『お互い精進していこうな』と話しました。(王座返り咲きを目標にしていたが、ここからの目標は?)そこはブレずに1段1段登っていけたら良いなと思います。

 自分はもう一度、Krushのベルトを獲ることを目標にしているので、そこは変わらず獲れるように作っていきたいなと思います。(ファンに向けてメッセージは?)一段一段チャンピオンになるために精進していくので、また見ていただけたらなと思います」