2018.11.18

 11月21日(水)東京・後楽園ホール「Krush.95」の[Krushウェルター級/3分3R・延長1R]で牧平圭太と対戦する渡邊俊樹のインタビューを公開!

――10周年記念大会で牧平選手と対戦が決まりました。オファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「最初はびっくりしましたね。キャリアも戦績も違うので。でもチャンスだなと思ったし、勝負に絶対はないんでやるしかないと思ってオファーを受けました」

――渡邊選手は昨年7月のKHAOSでは見事なKO勝利を収めていますが、その後は3連敗と結果が出ていません。どんな反省点がありましたか?

「相手に飲まれちゃうじゃないですけど、特にK-1のプレリミナリーファイトの試合は何もできないまま、先にやられてしまうことが多くて…。今はしっかり自分の形に持っていくことを意識して練習しています」

――K-1での平山迅戦と海斗戦はどちらも試合時間が約1分ほどでしたが、ある意味、戦った・試合をした感覚もなかったのではないですか?

「そうですね。変な話、あっという間に試合が終わって、試合をした感覚が全然なかったです(苦笑)。今回こそ自分の格闘技を試合で見せたいですね」

――ではそういった部分に気をつけて、日々練習を続けてきた状況ですか?

「自分の穴をつぶしていくというか、(山本)優弥さんと自分の悪い所を修正できるように練習を続けてきました」

――改めて対戦相手の牧平選手にはどんな印象を持っていますか?

「この階級のトップファイターで優弥さんとも戦っていて、ウェルター級を引っ張ってきた選手だと思います。正直、下馬評では圧倒的に牧平選手有利だと思いますが、その下馬評をひっくり返して、みんなをびっくりさせたいです」

――キャリア・実績の差を埋めるものはなんだと思いますか?

「やっぱり気持ちですね。もちろん対策も練って練習していますが、劣勢になってもガムシャラに盛り返すとか根性とか…そういう部分で戦おうと思います。気持ちで戦って最後は倒しきります」

――ここで牧平選手に勝利すれば渡邊選手にとっても大きな勝利です。今格闘家としてどんな野望を持っていますか?

「今回は相手が相手なんで目の前の試合に向けて集中しています。この試合に勝って先のことを考えます」

――それでは最後にファンのみなさんに向けてメッセージをいただけますか?

「ジャイアントキリングを狙って、見ている人たちがあっと驚く結果を残します」

 

選手登録