2018.11.16

 11月16日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.7」の前日計量・記者会見が行われた。

 KHAOSとして初の試みとなるジム別対抗戦 [BATTLE of KHAOS]の先鋒戦で戦いの火蓋を切るのはWSRフェアテックスジム・向井貫太とK-1ジム総本部チームペガサス・大庭龍華の-61kg契約の一戦だ。

 今年のK-1甲子園準優勝の大庭はこれがプロデビュー戦。冒頭のあいさつで「明日は倒して勝つ」とKOを宣言すると「明日は人生で1度きりのデビュー戦なので凄く良い試合をして、応援してくださってる人達のためにも期待を裏切らないような試合をしたい」と晴れ舞台への意気込みを語る。

 迎え撃つ向井も「僕も同じく絶対倒して勝ちたい」と倒し合いを予告。「良くてKO、悪くてもワンサイドゲームにしたい」とチームペガサス期待のルーキーに返り討ちを宣言した。

向井貫太
「(大庭のKO宣言を受けて)僕も同じく絶対倒して勝ちたいと思います。(計量を終えてのコンディションは?)体調ばっちりです。明日は良いパフォーマンスが見せられると思います。(自分の強みは?)僕は気持ちでは絶対負けたくないですし、良くてKO、悪くてもワンサイドゲームにしたいと思っています。(勝利チームに贈呈されるAbema TVボーナス20万円の使い道は?)特にこれといった会話はないんですけど、勝ってみんなで食事とかしたいなと思っています。(ファンに向けてメッセージは?)明日は全試合の中でも一番盛り上がる試合をしたいと思っています」

大庭龍華
「計量が終わってほっとしてます。明日は倒して勝つので応援よろしくお願いします。(計量を終えてのコンディションは?)体調も全てばっちりなので良いパフォーマンスが見せられると思います。(自分の強みは?)自分的には気持ちで勝って、相手の気持ちを折って勝ちたいと思います。(勝利チームに贈呈されるAbema TVボーナス20万円の使い道は?)チーム全員で祝勝会したいですね。(ファンに向けてメッセージは?)明日は人生で1度きりのデビュー戦なので凄く良い試合をして、応援してくださってる人達のためにも期待を裏切らないような試合をしたいと思います」

 名門の威信をかけたジム対抗戦、先鋒戦でチームに勢いをもたらすのは向井か? それとも大庭か?