2018.11.16

 11月16日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.7」の前日計量・記者会見が行われた。

 ジム別対抗戦 [BATTLE of KHAOS]次鋒戦はWSRフェアテックスジム・白木幹とチームペガサス・SATORU成合による-60.5kg契約の一戦だ。この試合がチームペガサスに所属後初の試合となる成合は「今までやってきたこと、こんな試合を組んでもらえたことに感謝してしっかり気持ちを作ってきました」と挨拶。

 続けて「チームペガサスでの試合自体も初めてですし、大事な試合になる。感謝の気持ちを持って、前に出て倒すような熱い試合をしたい」と対抗戦への熱い想いを語った。

 対するWSR・白木も「今回は自分の名前を上げるためにも勝たなきゃいけないし、WSRのためにも、全員勝つために1人も負けられない」とWSRの看板を背負っての対抗戦を前に気合十分だ。

 質疑応答でアピールポイントを問われると「僕自身そんなに技術もないし、特別な才能もないんですけど、熱い気持ちを見てもらえたら」とメンタル面を強調する成合とは対照的に、白木は「全部を見てもらいたい。これからもっと上に行くと思うんで、どれだけ強いかをしっかり見てもらえればいいと思います」と自らの実力に自信を覗かせる。

 最後に「明日は東京からや地元の福岡からも応援に来てくれるんで、その人たちのためにも熱い試合を見せて倒します」(成合)、「今回はWSRとしても絶対に負けられない試合なんで、自分もWSRはこれだけ強いんだぞというところを見せてやりたい」(白木)とファンにメッセージを送った両者。キャリアの浅い2人が名門の看板を背負い、どんな戦いを見せるのか?