2018.11.16

 11月16日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.7」の前日計量・記者会見が行われた。

 ジム別対抗戦 [BATTLE of KHAOS]中堅戦はWSRフェアテックス・光佑とK-1ジム総本部チームペガサス・璃明武(りあむ)によるバンタム級の一戦だ。

 現役高校生でチームペガサスの若手リーダー格の璃明武は「けっこうみんな楽しみにしてくれてるんですけど、自分が一番明日の試合が楽しみです。明日は暴れるんで期待しててください」と挨拶。「減量もめっちゃ上手く行ったんで絶好調です」とコンディションも万全の様子だ。

 対する光佑も「明日は僕も凄い楽しみで、ジムの先輩方に最高に仕上げていただきました」と好調ぶりをアピールし「明日は僕もバチバチに倒しに行って盛り上げようかなと思います」と真っ向勝負を宣言する。

 ジム別対抗戦で勝利チームにはAbema TVより賞金20万円も贈呈されるが「全然意識してないですね。個人が1人1人勝てば勝手にジムの勝利のなると思う。対抗戦ですけど、ジムの中でも僕が一番面白い試合をして目立ちたい」(璃明武)、「僕も対抗戦という意識はなくワンマッチで璃明武選手と戦うと捉えている。それに勝利すればチームの勝利につながるだろうしAbemaTVのボーナス20万もついていくるって感じ」(光佑)と気負いはない。

 璃明武が「バンタム級で僕はスピードもパワーもトップクラスと全然やっていけると思っている。明日はもう1試合バンタム級の試合がありますけど、その試合とは全然レベルの違う試合をしてトップとやっていけるというのを証明したい」とバンタム級のトップファイターに挑戦状を叩きつけると、光佑も「僕も全然トップでやっていける自信がある。光佑っていうファイターを覚えて欲しいです」とアピール。

 最後にファンに向けてメッセージを求められると「明日は一番面白い試合をしてレベルの違いを見せます。倒すってずっと言っているんで、しっかりKOします」(光佑)、「僕も倒しに行きますし、試合を見てもらえれば全て分かるかなって感じです」(璃明武)(共に倒し合い・KO決着を約束した。

 試合前からバチバチに火花を散らした両者、勝利してバンタム級で頭角を表すのはどちらだ!?