2018.11.10

 11月17日(土)東京・新宿FACEで開催される「KHAOS.7」のジム別対抗戦「BATTLE of KHAOS」(バトル・オブ・カオス)に出場するWSR(ウィラサクレック)フェアテックスジムの5選手が合同練習を行った。

 今回の対抗戦には全国に支部を持つWSRフェアテックスジムから5人の選手が集結し、K-1ジム総本部チームペガサスの5選手と対抗戦で激突する。5選手はWSRフェアテックス三ノ輪に集まり、それぞれ3分1Rのミット打ちを披露。対抗戦に向けて意気込みを語った。

副将戦・竜樹(vs将-masa-)
「対抗戦のメンバーに選ばれた時は『おおっ!選ばれたか!』って感じで、これはチャンスだなと思って嬉しかったです。(格闘技を始めたきっかけは?)ドラゴンボールのサイヤ人みたいになりたくて格闘技ジムに入りました。最初はボクシングジムに行こうと思ったんですけど、そこが小学6年生からしか入れないジムだったので、小学2年生の時にWSRジムに入りました。

 その頃から試合をやっているのでキャリアは長いです。普段は九州で練習しているのですが、東京に行ったときには三ノ輪のジムでも練習していて、ゲーオと練習して刺激になりました。今回がKHAOS(K-1)ルールには初挑戦ですが、自分はKHAOSルールでも全然いけると思います。ムエタイのミドルキックは相手の腕を折るパワーがあると思うので、今回の試合ではそういうところを見せたいです。

(どんな試合をしたい?)1Rからガンガン打ち合って熱い試合をしたいですね。九州のWSRジムも中央に負けてないぞというところを見せたいです。試合では絶対にWSRジムの強さを見せてKOするんで、応援よろしくお願いします」

 

選手登録