2018.11.10

 11月17日(土)東京・新宿FACEで開催される「KHAOS.7」のジム別対抗戦「BATTLE of KHAOS」(バトル・オブ・カオス)に出場するWSR(ウィラサクレック)フェアテックスジムの5選手が合同練習を行った。

 今回の対抗戦には全国に支部を持つWSRフェアテックスジムから5人の選手が集結し、K-1ジム総本部チームペガサスの5選手と対抗戦で激突する。5選手はWSRフェアテックス三ノ輪に集まり、それぞれ3分1Rのミット打ちを披露。対抗戦に向けて意気込みを語った。

先鋒戦・向井貫太(vs大庭龍華)
「僕は元々家から近いムエタイジムで練習していたんですけど、そのジムがなくなってしまったんです。それで名門と言われているWSRジムに入門しました。WSRジムは同じムエタイのジムでも練習内容がすごく濃くて、ここで練習したら強くなれるなと思いました。今、K-1 JAPAN GROUPでもWSRジムの選手が活躍していますが、会長の指導のおかげだと思います。僕にとって会長は厳しさと優しさを併せ持った人です。

 対戦相手は今年のK-1甲子園の準優勝者で、勝ったら大きいので倒して勝ちたいです。今回は対抗戦の先鋒なんで、しっかり盛り上げて倒せたら良いかなと思います。5対5の対抗戦として、普段のワンマッチとは違うチーム戦の面白さをお客さんに見せていきたいなと思っております」

 

選手登録