2018.11.02

 11月2日(金)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 6月の第2代フェザー級王座決定トーナメントで村越優汰が優勝。新たな王者が生まれたフェザー級で江川優生と覇家斗が拳を交える。

 今回の試合が初めてのフェザー級となる覇家斗は57.4kgで計量をクリアし「不安もあったけど、調子も良くて動きもキレているんで試合が楽しみです」と仕上がりは万全で「江川選手は過去にタフな選手と戦ってきたと思うんですけど、彼らとはタフさが違うところを見せて、KOして勝利を掴み取ります」とKO勝利を宣言する。

 一方の江川も「減量も上手くいって身体のキレもいいので、明日はいい試合を見せられると思います」と好調をアピールし「今まで覇家斗選手がやってきた相手とはパンチの質が違うと思うので倒して勝ちます」と対抗意識を燃やした。
 明日の大会では王者・村越vsアレックス・リーバス、卜部弘嵩vs芦澤竜誠とフェザー級のスーパーファイトが3試合並んでいる。対戦相手に勝つことはもちろん、どんな試合を見せるか?も試される一戦だ。両者はこれからのフェザー級戦線について以下のように語った。
覇家斗
「同じ階級の他の試合があるからと言って、自分のファイトスタイルを変える必要はないと思います。自分の良さは熱い試合をして、ガツガツ行く感じだと思うんですけど、あまり相手に打たれると安定感がない選手だと思われるので、そこを意識して練習してきました。今までの自分プラスアルファで進化した試合をしたいと思います」
江川優生
「他の選手には出来ない倒し方や技術を見せて、チャンピオンに相応しい試合をしたいと思います」
 激動のフェザー級で生き残るは江川か?それとも覇家斗か?

 

選手登録