2018.10.29

 10月29日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.94」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第1試合でスーパーアンジを2RKOで下し、デビュー以来の連勝を7に伸ばした鈴木宙樹。一夜明け会見では「1Rは勢いに押されて後ろに少し下がっちゃったんですけど、パワーが強いなとは感じませんでした。ただ山口(元気)会長から『勝てなかったらどうなるか覚えとけよ!』と喝を入れられて、とにかく倒さないと怒られると思って、さらに集中して2Rに行けました」と山口会長の“気合い注入”がKO勝利につながったと語る。

 今後の目標について鈴木は「僕はレベルス代表としてKrushに出ているつもりで毎回やっています。なので自分の中では早くレベルスのベルトが欲しいです。早くレベルスのベルトを巻いて、またKrushにレベルス代表としてしっかり出ていきたい」とホームリングであるレベルスでのベルト奪取を成し遂げた上でのKrush再出撃をアピールした。

鈴木宙樹
「(1Rは相手に押される場面もあったが?)アンジ選手は元々スーパー・ライト級で試合をしていた選手なんで、パワーがあるのかなって思ってたんですけど、自分の中では思ったほどパワーはなくて、それほどダメージはなかったです。勢いに押されて後ろに少し下がっちゃったんですが、パワーが強いなとは感じなかったですね。ただ1Rが終わって山口会長から喝を入れられて、そのおかげで2Rに行くことができました。

(山口会長からはどういった活を入れられた?)アマチュア時代の僕は勝てない試合が多くて、その時に会長から『勝てなかったらどうなるか覚えとけよ!』みたいな感じで言われていたんですけど、それを久しぶりに言われましたね…本当に会長は怖いです(苦笑)。とにかく倒さないと怒られると思って、さらに集中して2Rは行けました。

(ボディが効いている手応えはあった?)やっぱり勢いのある選手でサウスポーだったんで、右の攻撃が入りやすいと思っていました。ボディを効かせて勢いをなくしてから倒そうと思っていて、2Rの途中からボディが効き始めてスピードが落ちて、自分のカウンターもしっかり決まって作戦通り出来ました。(サウスポー対策は?)サウスポー対策というよりも、クロスポイント吉祥寺には日菜太さんがいますし、サウスポーの選手が多いんで。自然とサウスポーに苦手意識もなく、オーソドックスの人とやるような感じで普通に出来ちゃいますね。

(Krushでの連勝を伸ばしたが、今後の目標や戦いたい相手は?)僕はレベルス代表としてKrushに出ているつもりで毎回やっています。なので自分の中では早くレベルスのベルトが欲しいです。早くレベルスのベルトを巻いて、またKrushにレベルス代表としてしっかり出ていきたいです。(いずれはK-1にも出ていきたい?)やっぱりK-1は憧れの舞台なんで出たいという気持ちはあるんですけど、まずレベルスのベルトを獲って、レベルス代表として出ていきたいですね。

(クロスポイント吉祥寺の選手が多数Krushに参戦しているが?)自分の中ではライバル視しちゃいます。ジムの中でもKrushに出ている選手が沢山いるんですけど、その中でも自分が一番目立ちたいですし、強くありたいんで。毎日緊張感がある練習が出来て、みんなどんどん強くなってるんで。それに負けないように自分も頑張っていきたいですね。(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日の試合は応援ありがとうございました。慢心せずにどんどん練習して、次もしっかりKOして勝つので、またぜひ応援の程をよろしくお願いします」