2018.10.29

 10月29日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.94」の一夜明け会見が行われた。

 第3試合でKrushバンタム級王座挑戦歴のある隆聖を判定で下し、Krush初参戦で勝利を飾った萩原秀斗。一夜明け会見では「Krushのリングは戦っていて幸せでした。リングに上がる前は凄く緊張していて(梶原)龍児さんからも『Krushのリングに飲まれなかったら大丈夫、勝てるよ』って言ってもらって、気合いを入れて入場したんですけどすぐにコケちゃって(苦笑)。それで緊張がほぐれたんで良かったかなって思います」と笑いも交えてKrushデビュー戦を振り返る。

 これからの目標はもちろんKrushバンタム級のベルトで「チャンピオンの金子晃大選手は上手くてすごく強いので、今のまま行ったら速攻やられちゃいます。龍児さんとペガサスのメンバーにしっかり叩き上げてもらって強くなって、対戦カード発表会見で『最短でベルトを獲る』と言った通り、それを実行します」と語った。

萩原秀斗
「昨日は何とか勝つことが出来て、次につながる結果を出せたので良かったです。ただインパクトを残すことは出来なかったので、次の試合ではしっかりインパクトを残して結果も出したいと思います。

(初めてKrushのリングに上がった感想は?)戦っていて幸せでした。リングに上がる前は凄い緊張していて、龍児さんからも『Krushのリングに飲まれなかったら大丈夫、勝てるよ』って言ってもらって、気合いを入れて入場したんですけどすぐにコケちゃって(苦笑)。それで緊張がほぐれたんで良かったかなって思います。

(Krushルールのやり難さはなかった?)1・2Rは距離感が(掴めていなかった)。でも最後の3Rのラスト1分は何となく掴めた感じだったんで、次の試合にはしっかり対応出来た内容になると思います。(隆聖と実際に戦ってみた印象は?)もっとガツガツ来るのかなと思ったら意外と来なかったんでやり易かったです。ペガサスのメンバーといつもスパーリングをやってるからそう感じたのかもしれないですね。ペガサスのメンバーはけっこう強くてガンガン来るんで。

(ポイントを取れた決め手は?)1Rに入ったフックですかね。それ以外にももっと決め手が欲しかったですけど、中々取れなくてちょっと悔しかったですね。(チームペガサスに移籍して、環境に対する手応えは?)移籍して一発目の試合だったんで、絶対に勝ちたいという気持ちもありました。(チームベガサスは)倒すことに特化した練習だと思うんで、今の練習を続けていけばどんどん強くなると実感できています。

(メインのバンタム級タイトルマッチを見た感想は?)金子選手は上手くてすごく強いなと思いました。今のまま行ったら速攻やられちゃうんで、龍児さんとペガサスのメンバーにしっかり叩き上げてもらって強くなって、初めての会見で『最短でベルト獲る』って言ったんですけど、それを実行します。(ファンのみなさんへのメッセージは?)沢山の応援ありがとうございました。次はしっかりインパクトを残してKrushらしい試合をしますので、これからもよろしくお願いします」