2018.10.29

 10月29日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.94」の一夜明け会見が行われた。

 第4試合で記村一成から2度のダウンを奪って勝利を収めた海斗。これまで野性味あふれるファイトスタイルでKO勝ちを連発してきたが、昨日の試合を「本能的にいくんじゃなくて一撃でスコーン!と勝ちたくて狙いすぎた」と振り返り「あとで試合映像を見ても『今行けや!』ってところもあった。これからはおもろい試合をせなあかんと思った」と反省の弁。

 今後については「ウェルター級はすごい選手が多いけど一人一人倒していく。8月に試合できなかった平山迅選手ともやらせてもらいたい」と語った。

海斗
「試合に勝てて良かったのですが、やっぱり倒したかったですね。本能で戦って見ている人が面白いと思う試合ができるように頑張ります。(あまり本能的にならないように意識していた?)そうですね。昨日は綺麗に戦いたくて、本能的にいくんじゃなくて一撃でスコーン!と勝ちたくて狙いすぎました。自分の試合映像を見て、自分でも『今行けや!』ってところもあったので、おもろい試合をせなあかんなと思いました。(良かった点は?)蹴りが走っていたのとサウスポーの距離を活かせて戦えたのがよかったです。

(記村の印象は?)そろそろ倒れるやろと思っていたんですけど、予想通りにタフでした。蹴っている足も痛くて体が硬かったですね。(今後の目標は?)ウェルター級はすごい選手がかなり多いんで、みんな戦いたくないんですけど(苦笑)、会長と『ベルトを獲る』と約束しました。なので一人一人倒していきたいと思います。あとは8月に試合できなかった平山迅選手には申し訳ない気持ちです。ここから一戦一戦勝っていって、いつか平山選手とやらせてもらえたらと思います。みんなが見たい試合は今回のような試合じゃなかったと思います。次はばっちり倒しに行くので、変わらず応援お願いします。