2018.10.29

 10月29日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.94」の一夜明け会見が行われた。

 スーパー・フェザー級の一戦で友尊を1RKOでマットに沈めた山本直樹。友尊にチャンスを与えない先手必勝の試合展開だったが「1Rは様子を見ようと思ったんですけど、何かいけるなと思って詰めたら倒せた」と短期決着を狙っていたわけではないという。

 12月の後楽園大会では同階級のタイトルマッチとして王者・島野浩太朗vs挑戦者・大岩龍矢の一戦が組まれており「島野選手は初めてKO負けさせられた相手なんでリベンジしたいです。ただ大岩選手とは戦ったことがないので、大岩選手ともやってみたい」と山本。そのうえで「どちらにしろ強い選手と戦ってチャンピオンになれればいい。来年にはすぐチャンピオンになりたい」と王座挑戦をアピールした。

「昨日はたくさんの支えやサポートのおかげで勝つことができました。対戦してくださった友尊選手、とてもいい選手でリングの中でも外でも勉強になる、成長につながる選手で感謝しています。(短期決着は狙っていた?)1Rは様子を見ようと思ったんですけど、何かいけるなと思って詰めたら倒せたんで、いい結果が出せたと思います。

(仕上がりはよかった?)減量もいつもより早めにやって体調もよくて、コンディションも今までで一番よかったです。逆に調子良すぎたのが不安で、試合当日は気を抜かずにいい結果を出せたと思います。練習以外のところも良くすれば、いい結果が出せると分かって勉強になりました。(試合が終わって兄でトレーナーの山本優弥さんからどんなことを言われた?)自分が目指しているのはここじゃないんで、チャンピオンを目指してやっていこうと言われました。

(今後の目標は?)昨日の試合で怪我なく終わったんで、すぐ練習して次に向けて仕上げていきたいです。来年にはすぐチャンピオンになりたいと思います。(12月にスーパー・フェザー級のタイトルマッチもあるが?)島野選手は初めてKO負けさせられた相手なんでリベンジしたいです。ただ大岩選手とは戦ったことがないので、大岩選手ともやってみたいです。どっちにしろ強い選手と戦ってチャンピオンになれればいいです」