2018.10.29

 10月28日(日) 後楽園ホールにて「Krush.94」が開催された。

 今大会のメインイベントでは6月に軍司泰斗を下して第3代Krushバンタム級王座に就いた金子晃大が初防衛戦で隼也ウィラサクレックと激突。1R序盤は隼也が右ローと左ミドルで攻め込んでいくが、金子はヒザ蹴りに活路を見出して反撃に転じる。

 2Rに入ると金子が飛びヒザ蹴りからの連打でダウンを奪い、続けざまに左ボディ、右のヒザ蹴りでダウンを追加し、圧倒的なKO劇で王座初防衛に成功した。

 第7試合・第8試合では9月大会に続いて第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント一回戦のうち2試合が行われ、玖村将史が大岩翔大をKO、ビクトー・サラビアが桝本"ゴリ"翔也に判定勝ち。

 これによりトーナメント準決勝の組み合わせは軍司泰斗vs椿原龍矢、玖村将史vsビクトー・サラビアに決定。この2試合は12月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.96」で行われる。

☆試合結果詳細はこちら