2018.10.01

 10月1日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.93」の一夜明け会見が行われた。

 本戦第1試合で蓮實光を見事な左ハイキックでマットに沈めた鈴木勇人。一夜明け会見では「イメージしていた通りにKO出来た」と試合を振り返り、インターバル中には現K-1ウェルター級王者の久保優太からアドバイスがあったことを明かす。今後の目標については「僕が狙っているところはKrushスーパー・ライト級のベルト」と篠原悠人が保持するベルトへの挑戦をアピールした。

「しっかり勝ててホッとしています。イメージしていた通りにKO出来て、すごく良かったかなと思います。(どんなことを意識して練習してきた?)警戒していたのはパワーがあることとパンチです。でもいつも通り左ミドルで削ってペースを掴もうと思っていて、勝負するなら3Rだと思っていました。それで左ミドルに意識がいっていたので、パンチが当たると思ってパンチで行きました。あと自分はまだ蹴りで倒したことがなくて、今回はハイキックで倒したいと思っていて、ドンピシャでハイキックが当たってよかったなと思います。

(セコンドの久保優太からはどんな指示が出ていた?)いつも久保さんからは『これが当たる』『何が当たる』という指示をもらえて、昨日も指示通りに動けました。(今後の目標は?)僕が狙っているところはKrushスーパー・ライト級のベルトです。(会見に同席していた宮田充プロデューサーに対して)宮田さん、ぜひお願いしたいです。次の試合は強い選手とやりたいです。(ファンのみなさんへのメッセージは?)年内もう一試合やりたいと思っています。そこからタイトルマッチに絡んでいきたいと思います」