2018.10.01

 10月1日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.93」の一夜明け会見が行われた。

 ダブルメインイベント第1試合で挑戦者・和島大海と4度目の防衛戦に臨んだスーパー・ウェルター級王者ジョーダン・ピケオー。「想定していたよりもタフな試合だった」と振り返ったように、これまでの防衛戦のなかで最も苦しい試合展開となったが、要所要所で自分の攻撃を効かせて判定2-0で勝利。Krush史上最多となる4度目の防衛に成功した。

 この日は11.3K-1さいたま大会での木村"フィリップ"ミノルとのスーパーファイト(-68kg契約)も発表されたが、ピケオーは「記録更新は気分がいいし、防衛し続けられる限り、Krushのベルトを防衛したい」と防衛記録更新を宣言した。

「昨日の試合は想定していたよりもタフな試合だった。自分が思っていた通りのゲームプランだったけど、KOできなくてファンの期待に応えられなかったことは残念だ。(和島のどこに強さを感じた?)何がというよりもこんなに強いと思っていなかった。もっと早く心が折れると思っていたんだけど、和島は精神的にもタフだったね。

(それでも勝てた要因は?)一番大きかったのはチャンピオンとしてベルトを失うわけにはいかないというメンタルで戦ったことだ。あとは和島のペースになりかけた時に『これはやばいぞ』と感じてギアを上げて、彼のやりたい試合をさせないようにした。和島は距離を保とうとしていたから、俺は距離を詰めて試合をしようと思った。それが結果につながったと思う。

(防衛記録を更新したことについて)記録更新は気分がいいし、防衛し続けられる限り、Krushのベルトを防衛したい」