2018.10.01

 10月1日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.93」の一夜明け会見が行われた。

 ダブルメインイベント第2試合で挑戦者・大沢文也を接戦の末に下して初防衛を果たしたライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック。

 1Rは大沢が得意のアウトボクシングを展開したものの、2R以降は打って変わって互いに頭をつけてのインファイトが繰り広げられる予想外の展開となった。しかしゴンナパー自身は「1Rがもともとの相手の戦い方だと思うけど、2R以降の戦い方は予測していなかった。ちょっとびっくりしたけど、問題はなかった」と大沢のインファイトにもマイペンライといった様子。

「以前ムエタイのベルトを持っていて、それをずっと防衛してきた。Krushのベルトもずっと防衛していきたい」と連続防衛に意欲を見せ「次はぜひK-1で戦いたいし、K-1のベルトも一本欲しい」とK-1王座挑戦をアピールした。

「昨日は自分のやりたいことが出来てとても嬉しい。(1Rはアウトボクシング、2Rからは距離を詰めてパンチの打ち合いになったが?)1Rがもともとの相手の戦い方だと思うけど、2R以降の戦い方は予測していなかった。ちょっとびっくりしたけど、問題はなかった。(拳を交えた大沢の印象は?)しっかり自分の対策を練ってきたんだなと感じた。

(ベルトを防衛した心境は?)まず防衛出来てとても嬉しい。以前ムエタイのベルトを持っていて、それをずっと防衛してきた。Krushのベルトもずっと防衛していきたい。(これからの目標は?)次はぜひK-1で戦いたいし、K-1のベルトも欲しいです。(ファンのみなさんへのメッセージは?)応援してくださった日本人・タイ人の方々、昨日はどうもありがとうございました。台風の中で非常に大変だったと思うんですけど、その中で見に来てくれた方々もありがとうございました。今後も全力で戦っていきます」