2018.09.26

 9月30日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.93」の[Krushスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者ジョーダン・ピケオーと対戦する挑戦者・和島大海のインタビューを公開!(インタビューは公開練習時のもの)

──ピケオー戦が試合が決まって、どんなことを意識して練習していますか?

「一発をもらったら危ないので、ディフェンスを意識して練習してきました」

──改めてチャンピオンのピケオーと対戦が決まった時の心境はいかがでしたか?

「ピケオー選手は僕がKrushデビューした時にはもうチャンピオンで、僕のKrushデビュー戦の大会のメインイベントがピケオー選手と山崎(陽一)選手の防衛戦だったんですよね。だからずっとピケオー選手のことは意識していましたし、やっと試合が出来ると思ってめっちゃ楽しみにしてます」

──対戦相手としてのピケオーにはどんな印象を持っていますか?

「どんどん前に出て来て、アグレッシブなスタイルだと思います」

――ピケオーはVS日本人無敗のファイタ―ですが、どんな試合をイメージしていますか?

「こっちが後ろに下がったらすぐに前に出てくるんで、あまり下がらないようにしないといけないですね。あとK-1で日菜太選手とやった試合では、日菜太選手の蹴りが効いていたと思うんで、僕もどんどん蹴っていこうかなと思ってます」

──同じサウスポーということもあって、日菜太選手との試合はけっこう参考になりましたか?

「そうですね。何度か動画を見て参考にしました」

──Krush名古屋大会の時に佐藤嘉洋さんや城戸康裕選手からもアドバイスをもらったそうですね。

「はい。人によって色んな意見やアドバイスがあって、参考にさせてもらいつつ、今の自分のスタイルで戦おうと思います。僕にとっては初めてのタイトルマッチですし、今の自分の力で思いっきりぶつかっていきたいと思います」

──プロ戦績10戦9勝(9KO)1敗でタイトルマッチに辿り着きましたが、ベルトに対してはどんな想いがありますか?

「初めて挑戦するベルトなんでしっかり獲って、Krushチャンピオンとして12月のK-1大阪大会に出たいと思ってます」

──日本人選手の苦戦が続くスーパー・ウェルター級において、和島選手にかかる期待は大きいと思います。そういった周りの声は力になりますか?

「僕はあまり周りを気にしない方なんで…。チームメイトとか周りがひやかしてきて楽しそうにしてるんで、勝って全員にローキックかましたいですね(笑)」

──今回のタイトルマッチのように、これからは世界の強豪とやっていきたいですか?

「そうですね。スーパー・ウェルター級は日本人が少ないですので、いずれは外国人と戦うことになると思います。今回しっかり勝って、またスーパー・ウェルター級の強い外国人とやっていきたいと思います」

──今回の試合はプロ格闘家としてターニングポイントになるという気持ちはありますか?

「はい。次はホンマに大事やなと思ってます。もう今から大分緊張していますが(苦笑)、しっかり結果を出したいと思います」

──下馬評ではピケオーの方が上かもしれないですが、どんな試合を見せて、勝ちたいと思いますか?

「しっかり前に出て自分から手数出して、最後は倒して勝てたら良いなと思います」

 

選手登録